Now Loading...

Now Loading...

第54屆大沼函館冰雪節

2020年2月8日(土)・2月9日(日)の両日、

大沼公園広場では「第54回大沼函館雪と氷の祭典が開催されます!

 

例年に比べ雪が大変少なく心配されておりますが、湖の氷は順調に

厚みを増しており、毎年人気の「氷のジャンボすべり台」をはじめ、

祭典の準備は着々と進められています。下記に、祭典の見どころをご紹介します!

 

※2月4日現在の準備状況です。今後の気象状況により変更される場合が

ありますのでご了承下さい。

 

 星ライン

 

 

 

大沼湖の氷を切り出して作る「ジャンボすべり台」

 

大沼函館雪と氷の祭典(ジャンボすべり台)明るい

 

 

ジャンボすべり台の作成に向け、今年は1月23日から大沼湖での氷の切り出し作業が始まりました。

雪が少なかった分氷の状態が良く、透明でキレイな氷が出来ていますよ!

※雪不足のため、チューブを使って滑るコースは設置いたしません。ご了承下さい。

 

ジャンボすべり台開放時間:

2月8日(土) ~ 2月29日(土)  9:00~16:00

 

※ソリなどをお持ちいただく必要はありません。

 防水ウェアの着用をおススメいたします。

※天候状況により早めに終了となる場合があります。予めご了承ください。

 

 

コチラは、昨年の氷切り出しの様子 ↓

IMG_5939

 

すべり台の土台へ氷を並べていきます。↓

IMG_5926

 

小さなお子様にも安心な、氷りのミニすべり台も登場します。

ミニすべり台明るい

 

 

 

 

大沼地区の小・中学生も参加の「ミニ雪像コンクール」

 

0101(イベント)雪と氷の祭典 ミニ雪像

 

 

2月に入ると、いよいよミニ雪像の制作が始まります。

大沼小学校、軍川小学校、東大沼小学校、大沼小学校鈴蘭谷分校、大沼中学校

と一般の雪像作成チームの方々が、毎年趣向をこらして作成してくれます。

来年度からは、上記の学校が統合されて「大沼岳陽学校」となりますので、

今の名称での制作は、これが最後となります。

生徒さん達の作成したカワイイ雪像の数々を、どうぞお楽しみに!

 

2.2雪像制作-小

 

2月9日(日)12:30~

ミニ雪像コンクール表彰式と雪像制作にご協力いただいた

団体・個人の皆様への感謝状贈呈式が行われます。

 

 

 

 

《楽しさいっぱい!「中雪像」

 

1シュモクザメ

 

こちらは一回り大きい中雪像です。

昨年は、大沼公園広場に「シュモクザメ」が出現していました!

ミニすべり台付きの雪像や、小さいお子様がちょっと座るのにちょうど良い

スペースが設けられた雪像など、こちらも毎回見逃せません。

今年はどんな作品が並ぶか、乞うご期待!!

 

中雪像

 

プーさん中雪像

 

 

 

 

《函館アイスカービンクラブ制作「氷像」

 

2 氷像(ハクチョウ)横

撮影:岩山優光氏

 

「大沼函館雪と氷の祭典」会場入口や、会場のあちこちに設置されるアイスカービング作品

函館市内のホテルや飲食店のシェフが、主に営業終了後の夜間に作成してくれています。

毎年、氷りつきそうな気温の中で制作される作品です。

夜間はライトアップがあり、昼間とは一味違う雰囲気がありますよ。

是非、氷のアート作品をお楽しみください。

 

IMG_6132

 

 

IMG_2015

 

 

 

 

《シーニックdeナイト「手づくりキャンドル」

 

IMG_3199

 

 

「シーニックdeナイト」とは、国道・道道沿線や観光施設、公園などに

手作りワックスキャンドルを設置するイベント。やさしい灯りに心癒されます。

 

2月8日(土)17:00~

ほのかな灯りがやさしく大沼公園広場を包みます。

大沼公園のほかにも、2月1日から29日まで、函館市内や北斗市、

七飯町の函館七飯スノーパークなども開催されますので、是非お立ち寄りください。

「シーニックdeナイト」の詳細はこちら( ↓ )からご覧下さい。

※八雲噴火湾パノラマパークは中止となりました。

 

20200112124241-000120200112124241-0002

※画像を押すと拡大できます。

 

 

 

 

 

七飯町姉妹都市三木町とコラボ「王様しいたけの天ぷらうどん」

 

七飯町内のイベントには、登場することも多い香川県三木町の讃岐うどん

今回は、七飯町福田農園の「王様しいたけ」とのコラボで、

「王様しいたけの天ぷらうどん」を販売いたします。

 

2月8日(土)・9日(日)両日  11:00~

販売場所は大沼公園駅よこ「大沼国際交流プラザ」です。

一日150食限定一杯 550円

公園で思いっきり遊んだ後は、香り高い王様シイタケと讃岐うどんのコラボを是非お楽しみください。

 

「冬の大沼公園まるかじりプラン」をご利用の方には、チケット提示で割引があります。

プランの詳細はこちらからご確認ください。→ 冬の大沼公園まるかじりプラン

 

 

そしてもちろん、公園広場近くには屋台のお店も並びます。

ホカホカのおでんや焼き鳥など、お祭には欠かせないグルメをお楽しみください。

 

屋台拡大

 

 

 

大沼公園の冬のアクティビティもお楽しみください!》

 

大沼公園広場周辺では「氷上わかさぎ釣り」「氷上スノーモービル」

「氷上島巡りそりツアー」が楽しめます。

また、体験観光施設ポロト館では「雪上スノーモービル」「雪上バナナボート」

函館七飯スノーパークグリーンピア大沼スキー場もオープンしています。

 

なお、人気のスノーシューツアーは積雪不足の為、見合わせており、

雪が降り次第の開催となります。(2月4日現在)

 

「冬の遊び」の詳細はこちらをご参照ください。→ 大沼公園の冬の遊びをご紹介!

 

 

星ライン

 

 

以上、「第54回大沼函館雪と氷の祭典」の見どころをご紹介しました!

是非、冬の一日を、大沼公園でお過ごし下さい!

 

 

~*~*~*~*~*~*~*~*~

観光のご相談はお気軽にどうぞ

大沼観光案内所(大沼国際交流プラザ)
電話:0138-67-2170
開館時間:8:30~17:30(土日祝日可)
アクセス:JR大沼公園駅となり

~*~*~*~*~*~*~*~*~

大沼公園的四季和各種活動

大沼公園は、四季折々でいろいろな表情を見せてくれます。

春夏秋冬の見どころと、主なイベントをご紹介します。

ご旅行やレジャーの計画に、是非ご参照ください。

 

飾り線

 

 

【 春 】

大沼公園に春の訪れが感じられるのは、

雪の中から福寿草ミズバショウの芽が顔を出す4月上旬ころ。

駒ケ岳にはまだ残雪が多く、散策路もようやく歩けるようになってきます。

湖畔にはいくつもミズバショウの群生地が点在しており、

ドライブやサイクリングなどで楽しむことが出来ます。

ミズバショウの見頃は例年4月中旬~下旬頃

 

4月 ミズバショウ

 

 

また、レンタサイクル遊覧船が運行を開始し、4月末にかけて

城岱スカイラインの通行止めが解除、東大沼キャンプ場のオープンなど、

夏季のアクティビティが続々と営業を始めます。

 

4月 遊覧船

 

 

5月に入ると、散策路などで山野草が芽吹き、ミヤマエンレイソウイヅルソウ

中旬頃にはエゾヤマツツの花が大沼公園を彩ります。

 

5月 大島の路(ツツジ)

 

 

6月には大沼公園広場の藤棚も見頃を迎え、色とりどりの美しい季節となります。

また、中旬頃になると、湖面には黄色のコウホネが花を咲かせ始めます。

例年6月1日からは、北海道駒ケ岳の登山シーズンとなります。

活火山の為入山規制があり、標高902mの「馬の背」まで

登ることができます。登山道のオープンは10月末まで。

 

6月 藤棚

 

 

《主なイベント》

  4月中旬頃  大沼・小沼島巡り遊覧船スタート

  4月下旬   大沼国定公園安全祈願祭

  4月29日(水祝) 大沼湖畔駅伝競走大会 (2020年は中止となりました。)

  5月上旬   北海道大沼へら鮒釣り大会

  6月1日~10月末 北海道駒ケ岳登山解禁 

  *登山の様子はこちら→ 登山を楽しもう「北海道駒ケ岳」 駒ケ岳登山道

  6月14日(日) 東京オリンピック聖火リレーが大沼公園を駆け抜けます。

 

 

 

【 夏 】

大沼の夏と言えば、「大沼湖水まつり」。

例年、7月下旬の土曜・日曜に開催されます。

大沼の湖面に浮かぶ供養灯ろうは、まさに大沼の夏の風物詩

歌謡ステージ花火大会も開催され、多くの人で賑わいます。

 

灯ろう流し1

 

 

湖水まつり 花火

 

 

また、7月には、大沼湖・小沼湖のスイレンコウホネが見頃を迎えます。

太鼓橋の架かった散策路を歩けば、まるでモネの庭のよう。見頃は8月末ころまで。

散策路には木陰もたくさんあり、心地よい風が吹きます。

 

 

コウホネ(岩山さん)

 

スイレン

 

 

 

《主なイベント》 

  7月中旬  ななえあかまつ街道納涼祭

  7月25日(土)・26日(日)第111回大沼湖水まつり

  8月上旬  大沼べこっ子まつり

 

 

 

 

 秋 】

大沼公園の紅葉の見頃は、10月中旬から11月上旬ころ

駒ケ岳の裾野は真っ赤に染まり、散策路でもヤマモミジ

カエデブナなどが美しく色づきます。

 

紅葉 大島の路

 

 

紅葉 大島の路

散策路「大島の路」より

 

紅葉 駒ケ岳神社1

大沼駒ヶ岳神社

 

10月末から11月上旬にかけては、夏場のアクティビティが徐々に終了、

東大沼キャンプ場や城岱スカイラインも冬季閉鎖に入ります。

12月中旬頃までは遊覧船が運行していますので、雪化粧の駒ケ岳を

眺めながらゆったりと景色を楽しむことができます。

 

紅葉 千の風

 

また、木々の葉が落ちるこの時期は、バードウォッチングも人気があります。

双眼鏡を片手に歩けば、アカゲラコゲラ

運がよければシマエナガの姿も見られるかも知れません。

 

野鳥観察会用 シマエナガ

 

 

《主なイベント》

  9月下旬頃  みなみ北海道駒ケ岳一周ライド

  10月11日(日) 北海道大沼グレートラン・ウォーク

  10月中旬~ 大沼公園周辺の紅葉見頃

  10月下旬頃 大沼ハロウィンナイト

  10月末   北海道駒ケ岳登山道閉鎖

  11月中旬  城岱スカイライン他閉鎖

 

 

 

 

【 冬 】

12月に入ると、公園広場では桟橋からのワカサギ釣りが始まります。

積雪が十分になれば、スノーシューツアー雪上バナナボートなどの

ウィンターアクティビティがスタート。

(その年によって降雪状況が違いますので、事前にご確認ください)

 

太公園桟橋わかさぎ(小)

桟橋わかさぎ釣り

 

スノーシュー加工あり

スノーシューツアー

 

 

12月下旬頃になると、白鳥台セバットにオオハクチョウたちが集まります。

シベリアから飛来して大沼で越冬する白鳥たちは、大沼の冬の風物詩です。

 

IMG_7084

 

 

1月上旬には、大沼湖やじゅんさい沼の氷上ワカサギ釣りがスタート。

下旬頃には氷上スノーモービル氷上島巡りそりツアー

スタートし、本格的な冬の遊びが楽しめます。

 

スノーモービル (2)

氷上スノーモービル

 

↑氷上そりツアー(2月頃からスタート)

氷上そりツアー

 

例年2月初旬には、「大沼函館雪と氷の祭典」が開催されます。

大沼湖の氷を切り出して作る「ジャンボすべり台」は、毎年

子供から大人まで大人気。アイスカービングの作品や、

地元の小中学生たちが作るかわいい雪像も目を楽しませてくれます。

 

大沼函館雪と氷の祭典(ジャンボすべり台)明るい

 

 

《主なイベント》

  12月上旬    桟橋からのワカサギ釣りスタート

  12月中旬頃   大沼公園周辺スキー場オープン

  1月初旬   氷上ワカサギ釣りスタート

  1月下旬ころ 氷上スノーモービル・氷上そりツアースタート

2021年2月13日(土)・14日(日) 大沼函館雪と氷の祭典

  2月中旬   ななえチビッコ雪まつり

 

 

 

ライン イラスト

 

 

 

以上、大沼公園の春夏秋冬の見どころをご紹介しました。

ご紹介したアクティビティや見どころは、

当HPの「遊ぶ」・「見る」から詳しくご覧いただけます。

皆様のご来沼を心よりお待ちしております。

 

 

2020.3.7更新

 

~*~*~*~*~*~*~*~*~

観光のご相談はお気軽にどうぞ

大沼観光案内所(大沼国際交流プラザ)
電話:0138-67-2170
開館時間:8:30~17:30(土日祝日可)

休館日:12月31日~1月2日
アクセス:JR大沼公園駅となり

~*~*~*~*~*~*~*~*~