Now Loading...

Now Loading...

大沼湖的睡蓮開始開了!

大沼の夏を代表する花「スイレン」。

大沼では、ピンク黄色の3色が見られ、
“めずらしい”と、この季節を楽しみにされている方が多いようです♪


 

2017年7月21日現在の開花状況は、
次々と花が咲き、見頃です!!

 

小沼散策路「夕日の道(約25分)」、
大沼散策路「島巡りの路(約50分)」でご覧いただけます。

 

↑2017年7月21日(ターブル・ドゥ・リバージュ付近)

↑2017年7月21日(ターブル・ドゥ・リバージュ付近)

 

↑2017年7月21日(ターブル・ドゥ・リバージュ付近)

↑2017年7月21日(ターブル・ドゥ・リバージュ付近)

 

 

 

↑2017年7月21日(島巡りの路)

↑2017年7月21日(島巡りの路)

 

 

↑2017年7月21日(島巡りの路)

↑2017年7月21日(島巡りの路)

 

 

↑2017年7月21日(散策路 島巡りの路)

↑2017年7月21日(島巡りの路)

 

 

↑2017年7月17日(ターブル・ドゥ・リバージュ付近)雨模様

↑2017年7月17日(ターブル・ドゥ・リバージュ付近)雨模様

 

 

↑2017年7月17日(ターブル・ドゥ・リバージュ付近)雨模様

↑2017年7月17日(ターブル・ドゥ・リバージュ付近)雨模様

 

 

↑2017年7月17日(島巡りの路)雨模様

↑2017年7月17日(島巡りの路)雨模様

 

 

↑2017年7月13日(ターブル・ドゥ・リバージュ付近)

↑2017年7月13日(ターブル・ドゥ・リバージュ付近)

 

 

↑2017年7月13日(ターブル・ドゥ・リバージュ付近)

↑2017年7月13日(ターブル・ドゥ・リバージュ付近)

 

↑2017年7月13日(散策路「島巡りの路」)

↑2017年7月13日(散策路「島巡りの路」)

 

 

↑2017年7月13日(散策路「島巡りの路」)

↑2017年7月13日(散策路「島巡りの路」)

 

↑2017年7月8日(散策路「島巡りの路」)

↑2017年7月8日(散策路「島巡りの路」)

 

↑2017年7月8日(散策路「島巡りの路」)

↑2017年7月8日(散策路「島巡りの路」)

 

↑2017年7月8日(ターブル・ドゥ・リバージュ付近)

↑2017年7月8日(ターブル・ドゥ・リバージュ付近)

 

 

↑2017年7月8日(ターブル・ドゥ・リバージュ付近)

↑2017年7月8日(ターブル・ドゥ・リバージュ付近)

 

 

スイレン2017.6.27

↑2017年6月27日(散策路「島巡りの路」)

 

 

↑黄色のスイレン 2017年7月2日(小沼散策路)

↑黄色のスイレン 2017年7月2日(小沼散策路)

 

※黄色のスイレンは、小沼散策路側にのみ植生しています。

 

コウホネは、見頃を迎えています!↓

 

ネムロコウホネ

 


スイレン、コウホネともに8月中旬頃までお楽しみ頂けます。

 

~*~*~*~大沼のスイレン*~*~*~

 

↑2015年7月15日(遊覧船と一緒にみるスイレン。小沼にて。)

↑2015年7月15日(遊覧船と一緒にみるスイレン。小沼にて。)

 

 

↑2016年6月24日(少しずつ開花が始まる頃)

↑2016年6月24日(少しずつ開花が始まる頃)

 

 

 

↑2015年7月15日(大沼・小沼散策路にて)

↑2015年7月15日(大沼・小沼散策路にて)

 

 

 

↑2015年7月15日頃(小沼散策路内)

↑2015年7月15日頃(小沼散策路内)

 

 

↑2015年7月13日頃(小沼散策路内)

↑2015年7月13日頃(小沼散策路内)

 

 

↑2015年7月12日頃(小沼散策路内)

↑2015年7月12日頃(小沼散策路内)

 

 

 

 

 

 

 

7月22日(土)・23日(日)散策路通行止めのおしらせ(各日15時~)

2017年7月22日(土)・23日(日)の両日
『第108回大沼湖水まつり、七飯町町制施行60年記念イベント』 花火大会開催のため、

大沼湖側の散策路は、15時~通行止めとなります。

ご迷惑お掛けいたしますが、ご理解・ご協力のほど、何卒よろしくお願いいたします。

 

【Note】

Walking trails will be closed from 15:00 due to fireworks festival on July 22nd and 23rd, 2017.

Thank you for your cooperation.

 

■通行止め実施日時■
2017年7月22日(土)・23日(日)
各日 15:00~花火大会終了後まで

 



■通行止め対象の散策路■
・島巡りの路(50分コース)
・森の小径(20分コース)
・大島の路(15分コース)

 

 


※下記地図をご参照ください。

 

散策路通行止め

第108屆大沼湖水節

2017年7月22日(土)~23日(日)の2日間、

第108回大沼湖水まつり/七飯町町制施行60年記念イベント』が開催されます!

 

↑第108回大沼湖水まつりポスター

↑第108回大沼湖水まつりポスター

 

100年以上続く、夏の大沼を代表する伝統のお祭りです。

 

今年は、花火大会両日行われることになりました
(22日(土)約20分間、23日(日)約40分間の打ち上げ予定)

 

22日(土)には、
伝統の慰霊祭灯ろう流しが執り行われます。

湖面には、多数の灯ろうが浮かび、

大沼公園広場がやさしい灯りに包まれます。

 

慰霊祭・灯ろう流しはどなたでもご参加いただけます。
※大沼国際交流プラザ(JR大沼公園駅となり)で受付しています。
電話0138-67-2170(8:30~17:30、土日祝可)

 

インターネットからのお申込みはこちら↓
第108回供養灯ろうのお申込みについて

※インターネットからのお申し込みは
7月20日(木)をもちまして終了いたしました。

 

23日(日)には、
『七飯町町制施行60年記念イベント』として、

おぼん・こぼんさんの漫才ライブや、

松原健之さん、兵庫ケンイチさんによるコンサートが開催されます!

 

その他、地元のこどもたちによるよさこい和太鼓のパフォーマンス、

さかなつかみ取り大会などイベント、ステージ盛りだくさんです!

 

皆様のお越しを心よりお待ちしております!

 

※会場周辺におきまして、駐車場への入退場など、
車両通行に関して係員の指示に従っていただきますよう、宜しくお願い致します。



※イベントでは、安全管理のため
ドローンによる飛行・撮影は一切禁止とさせていただきます。

 

↑第108回大沼湖水まつりチラシ

↑第108回大沼湖水まつりチラシ

 

↑七飯町町制施行60年記念イベントチラシ

↑七飯町町制施行60年記念イベントチラシ

 

 

 

 

~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*

【大沼湖水まつりの歴史】

湖水まつり(灯ろう流し)

 

 

大沼湖水まつりは、地元住職が灯ろうを湖面に流し、
湖の水難者を供養したことが始まりでした。

 

毎年行われる慰霊祭では、水難者、新亡者、先祖供養、ペット供養を執り行い、
梅花講(ばいかこう)が唱えるご詠歌(えいか)に送られながら
供養灯ろうを湖上へと流します。

 

湖水まつり(花火)

 

灯ろう行列、灯ろう流しはどなたでも参加が出来ます。
※当日の申し込みも可能ですが、お時間いただく場合がございます。
事前のお申し込みがおすすめです。

 

 

 

お問合せ:

七飯大沼国際観光コンベンション協会
電話 0138-67-3020

 

 

 

 

 

介紹大沼公園的花草!~6月~

新緑が徐々に深まる6月。

大沼公園でも色とりどりの花が私たちの目を楽しませてくれます。

 

【平均気温】15.8℃

 

【季節の主な花】

■5月下旬から公園広場は、ハマナスの鮮やかな赤紫色が目を引きます。

 

IMG_1561

 

ハマナス

 

 

■続いて薄紫色の香り豊かなが満開を迎えます。

この藤棚は、大正天皇が皇太子時代に大沼へ行啓されたことを記念に植栽されたものです。

 

IMG_3339

 

行啓記念の藤(5月末~6月初旬が見頃)

 

 

 

■散策路には、足元に小さな花が咲いていますよ!

IMG_9341

 

サイハイラン(6月中旬頃~)

 

IMG_0273

 

コケイラン(6月中旬頃~)

 

IMG_0429

 

オオアマドコロ(6月初旬頃~)

 

 

■上を見上げると、そこにも花が!

新緑の中に薄紅白色の大きな花が目立ちます。

葉が岐阜県の郷土料理「朴葉味噌」などに使われるホオノキです。

 

IMG_0245

 

ホオノキ(6月上旬頃~)

 

■6月1日から、駒ヶ岳登山が始まります。

駒ヶ岳登山道でもかわいい花々が迎えてくれるかもしれません。

 

 

タニウツギ

 

タニウツギ(6月上旬頃~)

 

IMG_1739

 

ベニバナイチヤクソウ(6月上旬頃~)

 

 

 

■6月中旬頃からは、湖面にも彩りが増えてきます。

黄色の丸い花は「コウホネ」という名前。

水中の根が骨のように見えることから「河骨」と命名されたそう!

 

IMG_9244

 

コウホネ(6月中旬頃~)

 

 

 

スイレンが咲き始めると、大沼の夏がもう目の前です。

 

写真提供:岩山 優光
(画像の無断転載は禁じます)

 

 

*~*~*大沼湖畔をガイドと一緒に散策してみませんか? *~*~*

 

季節の花々おすすめビュースポットなどをご紹介しながら
楽しく湖畔を歩いたり、サイクリングで周遊もおもしろいですよ!

新たな発見があるかもしれません!

 

大沼観光案内所では、毎日催行しています!
当日受付もOKです。(受付時間 9:00~15:30)

 

散策ガイドツアー (所要約60分)
料金:お一人様 1,500円

 

 

サイクリングツアー (所要約90分)
料金:お一人様 2,500円
※料金にはレンタサイクル代は含まれておりません。(レンタサイクル代1日800円)

 

 

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

『北海道駒岳』可以登山了!

大沼国定公園のシンボルである秀峰「北海道駒ヶ岳」

今年も6月1日から、馬の背(標高900m付近)まで登山を楽しむことができます。

 

P1000678

 

登山可能期間 : 2017年6月1日~10月31日まで
※降雪状況により期間が変更となる場合があります。

 

登山可能時間 : 9:00~15:00まで6合目駐車場に下山

 

 

北海道駒ヶ岳は現在も活動している活火山です。

火山災害の危険性をご理解頂いた上で、登山(入山)するか否かはご自身で判断してください。

登山(入山)前には注意事項を確認し、ルールとマナーを守ってお楽しみください。

 

詳しい登山情報は、森町ホームページに掲載されています。
必ずご確認ください。

森町公式ホームページはこちらをクリック!

 

 

 

**~**「駒ヶ岳登山ってどんな感じ?」**~** 

 

駒ヶ岳登山のようすをご紹介します!

 

赤井川登山道ゲート

↑赤井川登山道ゲート

 

6合目(第1駐車場)まで車で行くことができます。

※ゲート2.2Km以降は、道路幅が狭く車両交差不可です。

 

↑ゲート2.2Km以降は舗装されていません。

↑ゲート2.2Km以降は舗装されていません。

 

*****【登山道 最新情報】*****

◎現在、6合目までの登山道は荒れている箇所があります。

◎車高の低い車での入山はあまりおすすめしません。
6合目(第1駐車場)まで行かずに、登山道入口ゲート手前の第2駐車場をご利用ください。

◎途中、木の枝が道路側へ出ている箇所があります。
大型バスでの通行はくれぐれもお気を付けください。

*****************

 

6合目第1駐車場
車が約40台ほど駐車できるスペースがあります。↓

6合目駐車場

 

6合目登山口に設置されている
「登山(入山)届け」を必ず記入しましょう。↓

 

IMG_5543


噴火等が発生した場合に救助・救出活動を行う際の
非常に重要な手がかりとなります。

 

 

 

6合目駐車場から馬の背まで約2.0Km。

上り約1時間~1時間半下り約45分の道のりです。
天気が良い日が続くと地面は乾燥し、砂埃が舞うことがあります。↓

 

IMG_1659

 

登山道は砂れきの道で、小さい岩がゴロゴロしています。
可能であればトレッキングシューズをおすすめしています。
特に下りが滑りやすいので気を付けて下山してください。
登山ストックがあると、なお良いです。

 

登山道は乾燥しており、大変滑りやすい状況となっています。↓

 

DSC08210

 

 

 

登山標識は標高900メートルの馬の背を頂上として
「頂上まで○○メートル」と表示しています。↓

 

IMG_1710

 

 

 

ひたすら上る一本道です。
途中で一呼吸しながら、景色を楽しむのも良し。↓

IMG_5670

 

 

 

高山植物に出会うことも。↓

↑イワギキョウ

↑イワギキョウ

 

↑タニウツギ

↑タニウツギ

 

約1時間ほどで頂上(馬の背)に着きました!!

 

P1050196

 

大沼・小沼が眼下に広がります。↓

IMG_1745

 

【ご注意!】
「馬ノ背」には規制ロープを設置しています。
規制ロープの先は火口原となっており、小規模な噴火でも噴石等が飛散します。
非常に危険ですので立ち入ることのないよう、お願い致します。
火口周辺に影響を及ぼす程度の火山灰噴出の可能性は常にあります。

 

 

 

下山は、6合目駐車場に15時までにお願い致します。

 

**~**~**~**~**~**

 

【駒ヶ岳登山道(6合目第1駐車場)へのアクセス】

<自家用車をご利用>

函館から:
国道5号線を長万部・札幌方面へ北上し、
道央自動車道大沼公園IC交差点右折
交差点から6合目第1駐車場まで、約6.5Kmほど。
赤井川登山ゲートから2.2Kmは簡易舗装道路。
その後1.1Kmは未舗装道路。道路幅が狭く車両の交差不可です。

 

<タクシーをご利用>

JR大沼公園駅より片道約14.0Km、3,500円ほど。

※JR赤井川駅周辺にタクシーの待機はありません。

 

<JRをご利用>

JR赤井川駅下車。JR赤井川駅から約7Km(徒歩約2時間半)。

※普通列車をご利用下さい。特急は停まりません。

 

 <その他>

【トイレ】
6合目駐車場のみ

 

【水飲み場】
設置なし

 

【携帯電話】
登山道の全域、馬ノ背地点はdocomo、au、softbankの
携帯電話が利用できます。

 

 

【お問合せ先】

・森町役場防災交通課(北海道駒ヶ岳火山防災協議会事務局)
 電話 01374-7-1282(直通)

 

・森町役場農林課(自然休養林・登山関連)
 電話 01374-2-2181(代表)

 

・函館地方気象台 
 電話 0138-46-2212


※「異常な臭い・地震・黒い噴煙等」の現象がありましたら
直ちに下山して情報提供をお願いします。

 

 

開車兜風的好去處,城岱天空道路

七飯町市街地から大沼方面へと繋がる「城岱(しろたい)スカイライン」。

 

IMG_0168

↑4月下旬の城岱スカイラインから

 

毎年、夏季期間の4月25日9時~11月18日9時まで通行できる

“おすすめドライブコース”です。

 

 

標高550mの場所には室内の展望台があり、

そこが地元っ子にも人気の展望スポット!!

 

IMG_5484

 



展望台内にはゆるやかなカーブを描いた大きな窓があり、

南に標高334mの函館山

南西には函館郊外に広がる大野平野を一望できます。

 

 

夏には放牧されている牛も見ることができ、

可愛らしい姿を眺めたり、写真を撮ったり。

 

見ているだけで癒されます♪

 

IMG_0697

 

大沼公園周辺で景色の良いところに行ってみたい!という方に
ぜひぜひおすすめしたい場所。

 


ゆったりと広がる風景をお楽しみください。

 

条件が合えば、
雲海を見られることもあるんですよ!幻想的!!

 

IMG_9623

 

IMG_7178

 

室内展望台は16:00で閉館となりますが、

城岱スカイラインは夜間の通行も可能です。

ここは、函館の夜景を望むことができる通称『裏夜景』の人気スポット。

駐車場もありますので、ゆっくり夜景をお楽しみください。

 

道路はワインディングロードが続きますので
運転にはくれぐれもお気をつけ下さい。

 

<城岱牧場展望台 開館期間>
2017年4月29日(土・祝)~11月5日(日)
※期間中無休。(悪天候の場合は、臨時休館になる場合があります)
※路面状況などにより、変更される場合もあります。

 

<開館時間>
10:00~16:00
※城岱スカイラインは24時間通行可能です。

 

<住所>
北海道亀田郡七飯町上藤城564
(固定電話はございません)

 



<アクセス>

(函館方面から)函館新道・七飯本町ICを下り、信号を右折(山側へ)。

城岱スカイラインに入り、ワインディングロードを約8Kmほど進むと

城岱牧場展望台が右側に見えます。

※路線バスはありません。

 

 

【お問い合わせ】
一般社団法人七飯大沼国際観光コンベンション協会

電話:0138-67-3020(8:30〜17:30、土日祝も可)