Now Loading...

Now Loading...

2023『北海道駒岳』登山攻略

大沼国定公園のシンボル『北海道駒ケ岳』

七飯町・森町・鹿部町の3町にまたがり、独特の山容をもつ駒ケ岳は、

活火山のため山頂火口部から半径4kmの区域内への入山規制が行われています。

今年も下記の期間のみ規制が緩和されますので、登山が可能となります。

 

 

【入山可能期間】  2023年6月1日~10月31日まで

【入山可能時間】  9:00~15:00

           ※15:00までに6合目駐車場へ下山ください。

 

【入山可能ルート】 森町赤井川登山道のみ。最終地点は標高約900ⅿ「馬ノ背」まで。

          規制ロープの先は火口原となっており、大変危険です。

          立ち入ることの無いよう、お願いいたします。

【入山届の提出】  6合目駐車場に入山届が設置されています。

          ※噴火した場合の救助活動の際に必要となります。

           必ず記載・投函ください。

 

 

森のライン森のライン

 

 

6号目駐車場の様子

6合目駐車場

 

入山届にご記入を

駒ケ岳登山 入山届け記入

 

 

海道駒ケ岳の登山道は、火山礫や火山岩などがゴロゴロしており、

傾斜もきつい為、特に下りは滑りやすく注意が必要です。

 

登山にはトレッキングシューズや登山靴をおススメします。

また、登山道には日陰となるような背の高い木々もありません。

日除け対策や飲料水等の準備もお忘れなく。

 

IMG_3090

(大雨や台風の後は特にご注意を)

 

 

 

※駒ヶ岳登山について詳細は下記パンフレットからもご確認いただけます。

 (それぞれ画像を押すと拡大します。)

 

北海道駒ヶ岳登山ガイド

PDFはこちら → 北海道駒ヶ岳登山ガイド2022

 

駒ヶ岳登山ガイド

 


駒ヶ岳登山ガイド2

 

 

 

登山口(6合目)までの行き方(車の場合)

PDFはこちら → 駒ヶ岳6合目までの地図(車)

駒ヶ岳6合目までの地図(車)_page-0001

 

 

登山口(6合目)までの行き方(JR・徒歩の場合)

PDFはこちら→ 駒ヶ岳6合目までの地図(赤井川から徒歩)

駒ヶ岳6合目までの地図(赤井川から徒歩)_page-0001

 

 

 

~~~~ 火山活動状況について ~~~~

 

北海道駒ヶ岳は活動中の活火山です。

常時観測火山として24時間体制で監視が行われています。

現在は静穏な状況が続いておりますが、何の前触れも無く噴火する可能性があります。

入山の際には下記HP等より最新情報をご確認ください。

 

※火山活動に異常が発生した場合は、

 赤井川登山道6合目駐車場付近に設置してある拡声器からサイレン吹鳴や

 下山の呼びかけを行いますので、直ちに下山してください。

※登山道上には避難小屋、シェルターはありません。

※火山災害の危険性をご理解いただいた上で、

 登山(入山)をするか否かは、ご自身で判断してください。

 

気象庁 火山活動の状況(北海道駒ヶ岳)

気象庁 北海道駒ヶ岳の火山観測データ

森町公式ホームページ

 
 
「七飯町公式LINE」 では、噴火の状況や噴火警戒レベルに関する情報を
直接受け取ることが出来ます。情報をいち早く入手するため是非ご利用ください。
(気象情報など、駒ヶ岳防災情報以外の内容も発信されます。)
七飯町 ID : @nanaetown
 
七飯町公式LINE
 
 
 森のライン森のライン
 
 
【お問合せ先】
北海道駒ヶ岳火山防災協議会事務局(森町役場防災交通課) ☎ 01374-2-2181

渡島森林管理署 ☎ 0137-63-2141

 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 

 

(一社)七飯大沼国際観光コンベンション協会

TEL :  0138-67-3020

開館時間 8:30~17:30

 

北海道大沼グレートラン・ウォーク2023

駒ヶ岳4:3  紅葉コース画像

 

北海道大沼グレートラン・ウォーク2023

 

開催日:2023年10月15日(日)

主会場:大沼国定公園

主 催:七飯大沼国際観光コンベンション協会

 

〝 健康は health、美しく beauty、力強い power を大会スローガンにランナーとスポーツの魅力を発信します。
〝 選手と地域に愛される大会 〟をコンセプトに、みんなで創り上げる大会を目指します。
新種目の開発とリニューアルで、これまで以上に紅葉の大沼湖畔の美しさをランニング大会で表現します。
ゲストランナー4名による応援ランニング・プロジェクトとして、大会前日ラン・イベントを4会場で企画します。
▷自然環境の豊かさ、動植物の多様性が特徴の大沼国定公園を舞台とし、環境に配慮した大会運営を目指します。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

競技メニュー・募集人数

A  ラン2周  湖畔超ハーフマラソン     27.7km    400名
B  ラン1周  湖畔ランニング        14.0km    600名
C  ウォーク  大沼ウォーク+ 遊覧船     約8 km    200名

W  WINラン  ウイニングラン Kids・Familly     1.2km      50名


定 員[ 全種目合計 ] 1,250名 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

コースマップ

 

GRコースマップ

(画像を押すと拡大します。)

 

 

 競技メニュー コース詳細 

 

A : 湖畔超ハーフマラソン

[ 大沼公園広場 ~ 大沼湖畔ロード(2周) ~ 大沼公園広場 ]

 

B : 湖畔ランニング

[ 大沼公園広場 ~ 大沼湖畔ロード(1周) ~ 大沼公園広場 ]

▷ 左に湖を常に見ながら、紅葉の森林に囲まれた湖畔ロード周回コース。    

 

C : 大沼ウォーク+遊覧船

[ 大沼公園広場 ~ 大沼公園島巡り ~ 森林公園(セミナーハウス)~ 駒ヶ岳神社 ~ 大岩園地 ~ 大沼遊覧船 ~ 大沼公園広場 ]

▷ 秋の大沼を最大限に生かしたコース設定で、湖畔ロードだけでなく深い森林、適度なアップダウン、未舗装路など、 歩いても単調ではなく、楽しい場面展開と最後の遊覧船が魅力です。

 

W : ウィニングラン

[ 大沼公園広場 ~ 大沼公園島巡り ~ 〈ウォーク〉 ~ 虚子の径 ~ 〈ラン〉 ~ 大沼公園広場 ]

▷ 子供たちに、走る「楽しさ」と「喜び」を。大会の最後に、子供たちのランを会場のみんなで応援しよう! ゴールが視界に見えた時、たくさんの温かい声援が子供たちを包みます。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

参加料

A : 湖畔超ハーフマラソン プレミアム ① 大人 : 16,000円 (限定25名)

A : 湖畔超ハーフマラソン プレミアム ② 大人 : 11,000円 (限定25名)

A : 湖畔超ハーフマラソン    大人 : 6,000円

B : 湖畔ランニング       大人 : 5,000円 小中学生 : 3,000円(幼児は参加不可)

C : 大沼ウォーク+遊覧船    大人 : 5,000円 小中学生 : 3,000円 幼児 : 2,000円
W : ウイニングラン      同伴 : 無  料 小学生:1,000円 幼児 : 1,000円

 

※A : 湖畔超ハーフマラソンについて※

・プレミアム① (限定25名)[ 出走権 + プレミアムゼッケン + ゲストランナーと前日ラン

+ 大会当日アフターパーティー ]
・プレミアム② (限定25名)[ 出走権 + プレミアムゼッケン + ゲストランナーと前日ラン ]

・18歳未満は参加不可となります。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

日 程

2023年10月15日 日曜日


  8:30 開会式(大沼公園広場)

  8:50 ウォームアップ・エアロ
  9:30 スタート【 A:湖畔ラン2周 / C:ウォーク 】

10:00 スタート【 B:湖畔ラン1周 】
13:00 スタート【 ウィニングラン 】
15:30 大会終了予定

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

大会公式ホームページ公開:6月 2日(金( URLは後日案内いたします)

参加募集 / エントリー開始:6月14日(水)▷ 締切:8月18日(金)

 

申込方法:

①インターネット(24時間受付)「スポーツエントリー」サイトより

② 電話 0570-039-846 ガイダンス「1」 ( 平日10:00~17:30 )

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

応援ゲストランナー

 

① 矢田夕子     :トレイルランナー/大会スペシャル・アンバサダー/七飯町大沼出身 東京在住 
② きゃっするひとみー:ランニングインフルエンサー Instagramフォロワー数 9.2万人/大阪在住
③ さやぴ      :日本一愉快な応援ランナー! /モデル/帰宅部出身ランナー/ 東京在住
④ 長谷川朋加    :日本一走るアナウンサー/ 2023北海道マラソンゲストランナー/ 東京在住

 

▷応援ゲストランナープロフィール詳細は、Instagram @onuma_gr.lab 又は

 応援ゲストランナー発表!ご覧ください。

 
ゲスト4:3 

 

 

 

 

GR.Lab

Instagram:@onuma_gr.lab

 

上記大会概要(PDF)は右からDLできます。→ GR開催概要

コースマップ(PDF)はこちら → GRコースマップHP用

 

 

大沼湖畔 水芭蕉的開花情況 2023

 

大沼に春の訪れをつげるミズバショウ

湖畔周遊道路沿いには、いくつもの群生地があります。

ドライブサイクリングで、白く可憐なミズバショウを探しに行きませんか。

こちらのページでは、ミズバショウの開花状況をレポートしていきます。

参考にしてくださいね!

ミズバショウ

*********************************

※ご注意※

ミズバショウの群生地はすべて国定公園内です。

さらにトルナーレ付近の群生地は、私有地の中にあります。

見学や写真撮影などは、くれぐれも道路からお願いします。

貴重な植物を踏み荒らすことのないよう、ご協力をお願い致します。

*********************************

 

【2023.4.17

朝は冷え込み、正午の気温も4.1℃と肌寒い日となりました。

ミズバショウは見頃を少し過ぎましたが、このところの

寒さのせいか長持ちしているようです。

葉が伸びてきましたが白い仏炎苞の色もまだ綺麗で、

もう少し楽しめそうです。

 

<旧池田園駅付近(ランバーハウス先)>

道路両脇に群生していますが、遅く咲き始めた手前側の

小さな花は見頃です。奥の方まで咲きそろい綺麗です。 

ランバーハウス先 (5) ランバーハウス先 (8)

 

<湖畔の木道>

全体的に花が小さいので、ミニミズバショウといった感じで

とても可愛らしいです。見頃少し過ぎです。 

木道 (1) 木道 (4)

 

<トルナーレ付近>

葉がぐんぐん伸び完全に白い仏炎苞を超えました。

見頃は終わりましたが、まだ仏炎苞や花序は綺麗に見られます。

トルナーレ (3) トルナーレ (9) 

 

<セミナーハウス>

こちらも仏炎苞の高さを超え葉が伸びましたが、まだ綺麗です。

木道のすぐそばに咲いているので、花を近くで見られて良いですね。

白い仏炎苞に包まれた真ん中の黄色い棒状のものが「花」です。

 セミナーハウス (1) セミナーハウス (5)

 

 

* … * … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … * … * … * … * … *

 

【2023.4.14

本日のお昼の気温は16.6℃と、曇り空ですが暖かい一日となった大沼公園では、

ミズバショウもだいぶ成長し、見頃過ぎとなった場所もあります。

湖畔周遊道路では、こぶしも目を楽しませてくれますよ。

 

<旧池田園駅付近(ランバーハウス先)>

全体的に満開です。少し葉が大きくなってきた部分もありますが、まだキレイです。

道路から少し離れているのが残念ですが、湿地には入らないようにお願い致します。

ランバー先 (5) ランバー先 (3)

 

<湖畔の木道>

こちらも満開です。仏炎苞の数もだんだん多く見られるようになりました。

水仙も春らしくて良いですね!

木道 (1) 木道 (5)

 

<トルナーレ付近>

いちばん早く咲いてきた部分は、だいぶ葉が大きくなりました。(写真左)

奥の方へ進むと、まだキレイにに見られる部分もあります。

トルナーレ (3) トルナーレ (10)

 

<セミナーハウス>

こちらも葉が大きくなってきましたが、全体的に見るとキレイです。

JR大沼公園駅からは約2㎞ほどの場所。徒歩やサイクリングでも。

セミナー (3) セミナー (4)

 

 

* … * … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … * … * … * … * … *

 

 

【2023.4.10

雨の日が続き、4日振りの更新となりました。

場所により多少ばらつきはありますが、ミズバショウは変わらず見頃ですよ♪

 

<旧池田園駅付近(ランバーハウス先)>

両側が満開となり、見頃となっています!!

太陽の日があたり、白く輝いていました。

 

ランバーハウス先 (4)  ランバーハウス先 (2)  

 

<湖畔の木道>

こちらも木道から見られるミズバショウは満開となっていますよ!

黄色いスイセンも花を咲かせていました♪

 

木道 (3)  木道 (4) 

 

 

<トルナーレ付近>

場所によっては、葉がだいぶ大きくなったものもありますが、

まだまだキレイです!!素晴らしい景色が広がっています。

 

トルナーレ (6)  トルナーレ (7) 

 

<セミナーハウス>

木道付近・木道の先の湿地ともに満開となっています♪

ここは近い距離でミズバショウを見られるのでオススメです!!

 

セミナーハウス (2)  セミナーハウス (3) 

 

* … * … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … * … * … * … * … *

 

【2023.4.6

大沼湖畔のミズバショウ群生地は、全体的に見頃を迎えました。

例年よりも1週間ほど早いペースとなっています。是非お見逃しなく!

 

<旧池田園駅付近(ランバーハウス先)>

湖側の湿地のほうも、そろそろ見頃となりました。

下記写真(左)はもう少しですが、全体的に開花しています。

ランバー先 (4)小 ランバー先 (3)小 

 

<湖畔の木道>

以前に比べるとすっかり疎らになってしまったミズバショウですが、

木道の傍や奥の方にも開花しています。

木道 (5)小 木道 (1)小 

 

<トルナーレ付近>

道の両側共、ほぼ開花している状態となりました。見頃です!

※湿地の中には入らずに観察・撮影いただきますよう、重ね重ねお願い致します。

トルナーレ (10) トルナーレ (11)小

 

<セミナーハウス>

こちらもほぼ満開の状態です。木道の先にも湿地があり、こちらにも

ミズバショウがありますので、ゆっくり歩いてみるのもお勧めです!

セミナー (2) セミナー (3)

 

 

* … * … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … * … * … * … * … *

 

【2023.4.4

正午の気温が17.2℃と暖かい日になりました。

ミズバショウの開花がここ2~3日でグンと進んだ気がします。

全体的には6割~7割。トルナーレ手前の群生地は見頃を迎えました!

 

<旧池田園駅付近(ランバーハウス先)>

湖側の湿地はまだこれからですが、白い仏炎苞が増えてきたように思います。

線路側奥の方はきれいに咲いていました。(右の写真は望遠で撮影)

①IMG_0037ランバー先 (1) ②IMG_0037ランバー先 (3)

 

<湖畔の木道>

株が小さいため枯草に埋もれるようにミズバショウがあります。

多くはありませんが、中には黄色い花序をのぞかせているものもありました。

③IMG_0367木道 (5) ④IMG_0045木道 (3)

 

<トルナーレ付近>

ちょうど見頃を迎えました!

満開より少し前ですが、白い仏炎苞が揃い、奥の方まで綺麗に咲いています。

私有地ですので、くれぐれも中には入らないようにしてくださいね。

⑤IMG_0061トルナーレ (9) ⑥IMG_0061トルナーレ (10)

 

<セミナーハウス>

木道沿いのミズバショウもずいぶん開いてきました。

小さな株が可愛らしいですね。

⑦IMG_0075セミナー (2) ⑧IMG_0409セミナー (1)

 

 

* … * … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … * … * … * … * … *

【2023.4.1

キレイな青空が広がり、良いお天気で新年度がスタートしました♪

ミズバショウの様子は30日のものとあまり変わりないですが、

2.3日ほど暖かい日が続くようなので一気に開花が進みそうですね!!

 

<旧池田園駅付近(ランバーハウス先)>

まだつぼみが多いですね。近い場所ではチラホラと小さな白い仏炎苞が見られる程度です。

ランバーハウス先 (6)  ランバーハウス先 (4)

 

<湖畔の木道>

少しずつつぼみも大きくなってきてはいますね。見頃はもう少し先になりそうです。

湖畔木道 (1)  湖畔木道 (2) 

 

<トルナーレ付近>

全体的にみて6割といったところでしょうか。場所により多少ばらつきはあるものの

いたるところで真っ白な仏炎苞が見られます。

トルナーレ付近 (5)  トルナーレ付近 (3)

 

<セミナーハウス>

まだつぼみもいくつかありますが、白い仏炎苞が太陽の光を浴びてキラキラしてます♪

セミナーハウス (4)  セミナーハウス (5)

 

 

* … * … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … * … * … * … * … *

 

【2023.3.30

朝(8:30)の気温も10℃近くになり、暖かくなりそうな一日です。

日当たりの良い場所では白の仏炎苞が少しずつ目立つようになってきました。

鳥のさえずりを聞きながら春を探すのも良いですね!

 

<旧池田園駅付近(ランバーハウス先)>

まだ青い芽が多いです。よーく目を凝らすと、奥の方から咲いてきていました。

IMG_9110 IMG_9109

 

<湖畔の木道>

こちらも青い芽が多く、まだまだこれから、といった印象です。

木道を進むと湖と駒ケ岳がキレイなスポットです。

IMG_9117 IMG_9120

 

<トルナーレ付近>

日当たりの良い場所では、みずみずしい仏炎苞が目立ってきました。

あと一週間もすれば見頃を迎えそうです。今年は早いですね!!

IMG_9123 IMG_9133

 

<セミナーハウス>

こちらも徐々に咲いてきています。

大沼公園駅からは一番近く、木道からすぐそばに見られるのが嬉しいスポットです!

IMG_9138 IMG_9141

 

 

* … * … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … * … * … * … * … *

 

【2023.3.27】

週末が肌寒ったためか、開花はあまり進まず

3/24に見た時とほぼ変わりはありませんでした。

白い仏炎苞がチラチラと見えていましたよ。

 

<旧池田園駅付近(ランバーハウス先)>

湖畔一周道路沿い、線路側の奥の方に白い仏炎苞が

多く見えてきました。

IMG_0235 IMG_0237

 

<湖畔の木道>

つぼみの数が増えてきたように思います。

湖畔の木道 (2)

 

<トルナーレ付近>

奥の方に、仏炎苞の中から黄色い花の部分が

見えてきたものもありました。

トルナーレ付近 (4)

 

<セミナーハウス>

24日とほぼ変わりありませんでした。

小さめですが仏炎苞はけっこう見えていました。

セミナーハウス (2)

 

* … * … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … * … * … * … * … *

【2023.3.24】

昨日は少し肌寒くはありましたが、比較的暖かい日が続いたためか、

ミズバショウの成長スピードも早くなっているように見えますね!

 

<旧池田園駅付近(ランバーハウス先)>

少しずつ蕾も大きくなり、わずかではありますが

仏炎苞が見えてきたものもあります。

ランバーハウス先 (6) ランバーハウス先 (1)

 

<湖畔の木道>

こちらも蕾が大きく目立つようになってきましたね。その中に白い仏炎苞を一つだけ見つけました♪

木道の先からは湖面に浮かぶオオハクチョウの姿も見られましたよ!

湖畔の木道 (4) IMG_0009

 

 

<トルナーレ付近>

蕾も少しずつ開いてきているようです。奥の方では小さな仏炎苞がチラホラ。

近くではアカゲラやシジュウカラなどが元気に飛び回っていました。

トルナーレ付近 (2) トルナーレ付近 (5)

 

 

<セミナーハウス>

先日まで残っていた雪はすっかり融け、まだ小さくはあるものの

仏炎苞がいくつか見られるようになりました。

セミナーハウス (4) セミナーハウス (1)

 

 

* … * … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … * … * … * … * … *

 

【2023.3.20】

快晴の空が広がり、春の日差しが心地よい一日となりました。

雪どけが早かった今年の大沼。湖畔のミズバショウの様子を

見に行くと・・予想以上に成長した芽がたくさん!出ていました。

例年より10日ほど早く成長しているようなので見頃も早まりそうですね。

今年は4月上旬から白く可憐な姿が見られるかもしれません。

 

<旧池田園駅付近(ランバーハウス先)>

小さな芽がたくさん出ていました。湖畔一周道路の両側で見られます。

キツツキのドラミングが響いていました。

①池田園先 (5) ②池田園先 (4)

 

<湖畔の木道>

木道両側の雪はすでに無く、よーく見ないと分からないくらいの

小さな芽が出ていました。ここからの駒ヶ岳は絶景ですよ!

③湖畔の木道 (6) ④湖畔の木道 (7)

 

<トルナーレ付近>

いつも一番先に見頃を迎える場所。

芽の大きさも一番大きくて10cm以上伸びているものもありました。

ミズバショウの数は一番多い場所です。

⑤トルナーレ (11) ⑥トルナーレ (14)

 

<セミナーハウス>

雪どけが遅い場所なので芽もまだ小さく、雪から顔を出しているものもありました。

散策路の雪は融けていますので、ぐるりと一周歩くことができますよ。(駐車場付近散策路)

⑦セミナーハウス (12) ⑧セミナーハウス (7)

 

 

* … * … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … * … * … * … * … *

 

 

 

夏季的大沼公園「推薦的觀光路綫」

JR函館駅から特急列車で約30分、

大沼公園駅から歩いて5分の場所にある大沼国定公園

大沼湖・小沼湖北海道駒ケ岳の雄大な自然を気軽に楽しむことが出来ます。

1時間ほどの滞在時間でも、湖のほとりで豊かな自然を感じることが

できますし、滞在型のゆったりしたプランならカヌーサイクリングなどの

アウトドアアクティビティ野鳥観察、また大沼牛新鮮な特濃牛乳

ソフトクリームなどの「食」も思う存分しんでいただけます。

 

このページでは、夏季シーズンのおススメ観光ルートをご紹介します。

ご旅行の計画に是非お役立てください。

ゆっくりと滞在される場合は、いくつかのコースを組み合わせて

楽しむのも良いかもしれません。

 

花と葉

 

 

<滞在時間が1時間ほどなら>

 

① 気軽にお散歩 定番コース

大沼公園広場をスタートし、散策路「大島の路」(所要約15分)を散策。

途中、名曲「千の風になって」モニュメントや駒ケ岳の美しいビュースポットがあります。

舗装されていますので、車椅子やベビーカーも安心です。

散策の後は名物「大沼だんご」「山川牧場特濃牛乳」などを楽しんで。

 

5月 大島の路(ツツジ)

「大島の路」5月中旬ころ

 

千の風になってモニュメント1

「千の風になってモニュメント」

 

 このコースの見どころ・店舗詳細は下記からどうぞ。

散策路「大島の路」

「千の風になって」モニュメント

大沼だんご「沼の家」

三色だんご「谷口菓子舗」

「山川牧場自然牛乳」

(瓶入りの特農牛乳は、公園広場周辺でもお求めになれます。)

 

その他のレストラン、お土産物店の情報はこちら( ↓ )からどうぞ。

大沼公園駅周辺で「食べる」

大沼公園駅周辺で「買う」

 

 

②遊覧船やボートで湖上散策コース

大沼・小沼島巡り遊覧船は、所要約30分。

乗船中はガイドさんが島々にまつわるお話などをしてくれます。

例年、4月中旬ころから運航がスタート。4月中は不定期での出航、

5月~10月までは朝9:00から16:20まで、40分間隔の出航となります。

11月は不定期運航となり、遊覧船の運航は11月末で終了となります。

※2023年はモーターボートがお休みとなります。ご了承ください。

各種ボートの詳細はこちら→「大沼合同遊船」

 

45_ASOBU_onuma goudou yuusen_2

大沼・小沼島巡り遊覧船

 

ホエール君小

ペダルボート「ホエールくん」

 

 

 

③徒歩で「てくてく」島巡りコース

公園広場をスタートし、散策路「島巡りの路」(所要約50分)を散策。

駒ケ岳を眺めながら、いくつもの橋を渡って島々を巡ります。

7月・8月にはコウホネスイレンが美しく咲き誇り、モネの絵画を彷彿とさせます。

アカゲラコゲラキビタキなどの野鳥にも出会えるかもしれません。

「湖月橋」近くの湖畔にはレストランがあり、ランチ又はカフェにご利用できます。

※散策路は岩や木の根などがあり、デコボコしています。足下にご注意ください。

 

湖月橋と駒ケ岳(5月下旬)

 

IMG_6875



 

ネムロコウホネ(岩山さん)

ネムロコウホネ 

 

IMG_1469

スイレン

 

このコースの詳細はこちら( ↓ )からどうぞ。

散策路「島巡りの路」

レストラン「ターブル・ドゥ・リバージュ」

 

 

 

<滞在時間が2時間あれば>

 

④レンタサイクルで湖畔一周コース

大沼公園駅前で自転車を借り、大沼湖畔をサイクリング。

大沼湖畔の周遊道路は約14㎞ありますので、所要時間は70分~90分ほど。

湖畔の木道や東大沼キャンプ場大沼駒ケ岳神社や、

大沼国際セミナーハウス内森林公園などに立ち寄るのも良いですね。

森林公園には全長約3.3㎞の散策コースもあります。

また、パンと焼き菓子のお店やカフェ、ステーキハウスに

立ち寄ることも出来ますよ。

※お店によってオープンの時期が異なりますので、下記ページからご確認を。

 

IMG_4516

 

IMG_2296

大沼駒ケ岳神社

 

このコースの見どころや店舗詳細はこちら( ↓ )

レンタサイクル・体験「ポロト館大沼展望閣店」

大沼駒ケ岳神社

ベーカリー・焼き菓子「三月の羊」

大沼牛ステーキ「ランバーハウス」

 

 

⑤カナディアンカヌー体験

また、ゆっくり楽しむならカヌーツアー(所要約2~3時間)も人気です。

ガイドさんが漕ぎ方を教えてくれるので初めての方でも安心。

漕ぎ出した瞬間から別世界!静かで穏やかな時間が流れます。

湖面近くから眺める駒ケ岳も雄大で素敵ですよ!

コーヒーなどの飲み物付き。

詳細はこちら→イクサンダー大沼カヌーハウス

 

P1250401

カナディアンカヌー

 

 

<車での移動が可能なら> 

 

⑥ドライブで牧場の風景と濃厚な牛乳を楽しむコース

大沼公園から車で20分ほど走れば、絶景の牧場があります。

途中のミルクロードで濃厚な牛乳アイスクリームチーズ

サンドイッチなどを手に入れ、「城岱牧場展望台」へ。

展望台からは、眼下に函館山と函館平野見渡せます。

晴れた日は青森の山々まで望むことができますよ。

絶景を楽しみながら、持参した牛乳などを頂くのも良いですね。

※城岱牧場へ向かう城岱スカイライン」は4月下旬から11月中旬まで通行可能です。

 

山川牧場牛乳・ソフト

 

城岱スカイランより-1

城岱スカイラインより

 

こちらの牧場は、大正9年から続く町営牧場。

5月中旬頃、牛のエサとなる草が生え揃ってくると放牧が始まります。

牛乳・アイスクリームなどはこちら。

「山川牧場自然牛乳」

「久保田牧場ミルクパーラー」

サンドイッチやパンなどはこちらからどうぞ。

「山川ファームローストビーフサンドショップ」

「おおぬまベーカリーぽこ」

「ブーランジェリーエプイ」

「プリンスパン工房」

 

 

<無料シャトルバスを利用して>

 
⑦「函館七飯ゴンドラ」で駒ケ岳を望む絶景スポットへ

全長3,319mのゴンドラで標高約1,000mの展望スポットへ上がれば、絶景が楽しめます。

お天気の良い日は、噴火湾の向こうに羊蹄山やニセコの山々まで眺望できることも。

また、山頂レストランPEAK CAFEのデッキには「PEAK BELL」が設置され、

「恋人の聖地」として認定されています。

ゴンドラの所要時間は、往復で30~40分ほど。

JR大沼公園駅やJR新函館北斗駅から、無料シャトルバスがご利用できます。

※2023年は4月29日から運行予定。

詳細は公式HPよりご確認ください。函館七飯ゴンドラHP

 

IMG_2800

 

 

⑧道の駅エリア(七飯町峠下)で特産品を楽しむ

大沼公園から函館方面へ車で約10分、

北海道新幹線「新函館北斗駅」からのアクセスも良い、このエリアには

お土産物や特産品、レストランなどが集まっています。

七飯町の特産品や農産物などが集まる「道の駅なないろ・ななえ」

男爵イモの生みの親、川田男爵にまつわる展示と地元の食材を使ったレストラン、

お土産品などを集めた「THE DANSHAKU LOUNGE」

「ラッキーピエロ峠下総本店」やラーメン店などの飲食店も揃っています。

七飯町・大沼公園の「食」も、どうぞお楽しみください。

道の駅エリアや七飯市街地の店舗情報はこちら→買う(七飯町市街地)

 

なないろ・ななえ外観-2DANSHAKU

 

 花と葉

 

 

上記以外にも、セグウェイツアー乗馬ケ岳登山(6月1日~10月末)、

自然散策ガイドツアーなど、大沼公園を楽しむアクティビティがたくさんあります!

 

大沼公園及び周辺のアクティビティは下記ページからご覧ください。

大沼公園駅周辺で「遊ぶ」

大沼広域エリアで「遊ぶ」

また、空気もきれいな大沼湖畔でのウォーキングランニングもおススメです!

是非ゆっくりと、大沼の自然を楽しんでくださいね!

 

 

~*~*~*~*~*~*~*~*~

観光のご相談はお気軽にどうぞ

大沼観光案内所(大沼国際交流プラザ)
電話:0138-67-2170
開館時間 9:00~17:00(土日祝日も開館)

アクセス:JR大沼公園駅となり

Facebook はこちら→ 大沼観光案内所Facebook

Twitterはこちら→大沼公園お天気情報(大沼観光案内所)

~*~*~*~*~*~*~*~*~

大沼公園四季的魅力和各種活動

大沼公園は、四季折々でいろいろな表情を見せてくれます。

春夏秋冬の見どころと、2023年度の主なイベントをご紹介します。

ご旅行やレジャーの計画に、是非ご参照ください。

 


8736 - コピー

 

【 春 】

大沼公園に春の訪れが感じられるのは、

雪の中から福寿草ミズバショウの芽が顔を出す4月上旬ころ。

駒ケ岳にはまだ残雪が多く、散策路もようやく歩けるようになってきます。

湖畔にはいくつもミズバショウの群生地が点在しており、

ドライブやサイクリングなどで楽しむことが出来ます。

ミズバショウの見頃は例年4月中旬頃

 

4月 ミズバショウ

 

 

また、レンタサイクル遊覧船運行が始まり、

絶景スポット「城岱スカイライン」の通行止めも解除となります。

4月末頃には「函館七飯ゴンドラ」や「函館大沼セグウェイツアー」、

「東大沼キャンプ場」がオープン。

夏季のアクティビティが続々と営業を始めます。

 

4月 遊覧船

 

 

5月に入ると、散策路などで山野草が芽吹き、ミヤマエンレイソウイヅルソウ

中旬頃にはエゾヤマツツの花が大沼公園を彩ります。

 

5月 大島の路(ツツジ)

 

 

6月には大沼公園広場の藤棚も見頃を迎え、色とりどりの美しい季節となります。

また、中旬頃になると、湖面には黄色のコウホネが花を咲かせ始めます。

例年6月1日からは、北海道駒ケ岳の登山シーズンとなります。

活火山の為入山規制があり、標高902mの「馬の背」まで

登ることができます。登山道のオープンは10月末まで。

 

6月 藤棚

 

 

《主なイベント》

  4月16日(日)  大沼・小沼島巡り遊覧船スタート

  4月23日(日)   大沼国定公園安全祈願祭

  4月29日(土)   大沼湖畔駅伝競走大会 

  6月1日~10月末 北海道駒ケ岳登山解禁 

  *登山の様子はこちら→ 2022『北海道駒ケ岳』登山について 駒ケ岳登山道

 

  *ミズバショウ他、山野草の開花状況やアクティビティ情報等は、

    大沼観光案内所 Face book でもご紹介しています。ご参照ください。

 

 

 

【 夏 】

大沼の夏と言えば、「大沼湖水まつり」。

例年、7月下旬の土曜・日曜に開催されます。

大沼の湖面に浮かぶ供養灯ろうは、まさに大沼の夏の風物詩

歌謡ステージ花火大会も開催され、多くの人で賑わいます。

 

灯ろう流し1

 

 

湖水まつり 花火

 

 

また、7月には、大沼湖・小沼湖のスイレンコウホネが見頃を迎えます。

太鼓橋の架かった散策路を歩けば、まるでモネの庭のよう。見頃は8月末ころまで。

散策路には木陰もたくさんあり、心地よい風が吹きます。

 

 

コウホネ(岩山さん)

 

スイレン

 

 

 

《主なイベント》 

   7月29日(土)・30日(日)第114回大沼湖水まつり 

 

 

 

 

 秋 】

大沼公園の紅葉の見頃は、10月中旬から11月初め頃

駒ケ岳の裾野は真っ赤に染まり、散策路でもヤマモミジ

カエデブナなどが美しく色づきます。

 

紅葉 大島の路

 

 

紅葉 大島の路

散策路「大島の路」より

 

紅葉 駒ケ岳神社1

大沼駒ヶ岳神社

 

10月末から11月上旬にかけ、夏場のアクティビティは徐々に終了、

城岱スカイラインも冬季閉鎖に入ります。

 

紅葉 千の風

 

また、木々の葉が落ちるこの時期は、バードウォッチングも人気があります。

双眼鏡を片手に歩けば、アカゲラコゲラ

運がよければシマエナガの姿も見られるかも知れません。

 

野鳥観察会用 シマエナガ

 

 

《主なイベント》

  10月15日(日) 北海道大沼グレートラン・ウォーク 

  10月中旬~ 大沼公園周辺の紅葉見頃

  10月中旬  大沼ハロウィンナイト&紅葉ライトアップクルーズ

  10月末   北海道駒ケ岳登山道閉鎖

  11月中旬  城岱スカイライン他閉鎖

 

 

 

 

【 冬 】

12月に入ると、公園広場では桟橋からのワカサギ釣りが始まります。

積雪が十分になれば、スノーシューガイドツアー雪上バナナボートなどの

ウィンターアクティビティがスタート。

(その年によって降雪状況が違いますので、事前にご確認ください)

 

太公園桟橋わかさぎ(小)

桟橋わかさぎ釣り

 

IMG_8441

スノーシューガイドツアー

 

12月下旬頃になると、白鳥台セバットにオオハクチョウたちが集まります。

シベリアから飛来して大沼で越冬する白鳥たちは、大沼の冬の風物詩です。

 

IMG_8167

 

1月上旬には、大沼湖やじゅんさい沼の氷上ワカサギ釣りがスタート。

下旬頃には氷上スノーモービル氷上島巡りそりツアー

スタートし、本格的な冬の遊びが楽しめます。

 

スノーモービル (2)

氷上スノーモービル

 

↑氷上そりツアー(2月頃からスタート)

氷上そりツアー

 

 

例年2月中旬には、「大沼函館雪と氷の祭典」が開催されます。

大沼湖の氷を切り出して作る「ジャンボすべり台」は、毎年

子供から大人まで大人気。アイスカービングの作品や、

地元の小中学生たちが作るかわいい雪像も目を楽しませてくれます。

 

大沼函館雪と氷の祭典(すべり台)小

 

 

《主なイベント》

  12月上旬    桟橋からのワカサギ釣りスタート

  12月中旬頃   大沼公園周辺スキー場オープン

  1月初旬   氷上ワカサギ釣りスタート

  1月下旬ころ 氷上スノーモービル・氷上そりツアースタート

  2月10日(土)・11日(日) 大沼函館雪と氷の祭典

 

 

8736 - コピー

 

以上、大沼公園の春夏秋冬の見どころをご紹介しました。

ご紹介したアクティビティや見どころは、

当HPの「遊ぶ」・「見る」から詳しくご覧いただけます。

皆様のご来沼を心よりお待ちしております。

 

 

2023.4.6更新

 

~*~*~*~*~*~*~*~*~

観光のご相談はお気軽にどうぞ

大沼観光案内所(大沼国際交流プラザ)
電話:0138-67-2170
開館時間 9:00~17:00(土日祝日可)

休館日:12月31日~1月2日
アクセス:JR大沼公園駅となり

~*~*~*~*~*~*~*~*~

『七飯・大沼まるかじりプラン』チケット販売中!

HPトピックスアイキャッチ作成用

 

 

七飯町・大沼公園のアクティビティ・お食事をちょっとお得に

楽しめ「七飯・大沼まるかじりプラン」が今年も開催です!!

 

JR大沼公園駅横、大沼国際交流プラザにてチケットをお求め下さい。

6枚綴りのチケット 1セット ¥3,000

 

大沼公園周辺の氷上わかさぎ釣り氷上スノーモービル雪上バナナボート

スノーシューガイドツアーなどがお得な料金で楽しめる他、

レストランではソフトドリンクソフトクリームなどのサービスが受けられます!

※スノーシューツアーはご予約制となります。

 

ご利用期間:2023年1月28日(土)~2月26日(日)まで。

(期間内であれば、チケットはいつでもご利用できます。)

 

※氷上スノーモービル・氷上そりツアーは湖の氷の状況により

中止となる場合があります。何卒ご了承ください。

 

 

プラン詳細は下記ご案内ちらし又はHPからご覧ください。

HP:七飯・大沼まるかじりプラン2023

 

 

(画像を押すと拡大します)

2023_七飯大沼まるかじりチラシ_02_page-0001 2023_七飯大沼まるかじりチラシ_02_page-0002

 

※利用施設中、15 THE DANSHAKU LOUNGEにつきまして、

レストランの営業時間は11:00~15:00(14:30L.O)となりますので

ご注意ください。

 

 

 

販売場所:大沼国際交流プラザ(JR大沼公園駅横)

8:30~17:30、TEL 0138-67-2170

 

お問合せ先:大沼体験観光づくり実行委員会

七飯町商工労働観光課 TEL 0138-65-2517