特集

大沼のだんご

どこか懐かしい人々に愛される大沼の味
大沼湖・小沼湖を表現した「大沼のだんご」

かつて、駅売りから始めたという大沼のだんごは、上質な材料を使った餡、胡麻、正油の3つの風味で販売。プルプルと柔らかい食感と、どこか懐かしく飽きのこない味は、今も昔も変わらないシンプルな口当たりです。
「大沼だんご」は折で、大沼湖・小沼湖を表現し、折の中の団子は湖面の浮島に見立てているとか。
楊枝に刺して食べる一口サイズのだんごは、大沼ならではのスタイルで、大沼に行くと恋しくなるこの味には、今も根強いファンが多いことで知られています。

「沼の家」では、こだわりの2色だんご。「谷口菓子舗」では一度に3つの味が楽しめる3色だんごを販売中です。

沼の家

谷口菓子舗