Now Loading...

Now Loading...

よくある質問と予備知識としてぜひ知っておいてほしい
大沼観光のポイントをまとめました。

手荷物やスーツケースなどの
大きい荷物を預ける場所はありますか?

JR大沼公園駅と大沼国際交流プラザ(大沼観光案内所)にコインロッカーがあります。

JR大沼公園駅隣にある大沼国際交流プラザ(大沼観光案内所)にはコインロッカーがあるほか、スーツケースなどの大きい荷物も1個300円で預けることが出来ます。(開館時間8:30〜17:30)また、JR大沼公園駅前にあるレンタサイクル店フレンドリーベアでは、レンタサイクルご利用の方に無料の手荷物預かりサービスがあります。

ワンポイント

駅に設置されているコインロッカーは数が少ないのでご注意ください。

お金をおろしたいのですが、
ATMやコンビニはありますか?

大沼公園にコンビニ・ATMはありません。

JR大沼公園駅から最も近いコンビニ・ATMは、隣駅のJR大沼駅前にあります(大沼公園から片道徒歩約20分)。なお、郵便局はJR大沼公園駅から徒歩約8分のところにあります。 大沼公園は、クレジットカードを使える店舗も限られているため、訪問する前に現金(日本円)を用意しておくのがおすすめです。

ワンポイント

カメラ店、薬局、スーパーマーケットもないのでご注意ください。乾電池や常備薬は事前に準備しておくのがおすすめです。
※2016年12月、大沼展望閣(大沼公園駅から徒歩5分)内に、ドラッグストアが新規オープンしました。

地図や観光情報はどこに行ったらもらえますか?

大沼国際交流プラザ(大沼観光案内所)でお配りしています。

大沼国際交流プラザ(大沼観光案内所)は、JR大沼公園駅のすぐとなりにあります。外国語(英語、中国語、韓国語)にも対応しています。マップや観光情報が揃うほか、各種アクティビティ、宿泊の問合せや予約のお手伝いも出来ますので、お気軽にお立ち寄りください。

ワンポイント

「大沼での楽しみ方を教えてもらいたい!」「自転車はどこで借りるの?」「乗馬、カヌー体験をしたいけど、予約はどのようにしたらいい?」など、色々な疑問・不安はここで解決!困ったら観光案内所までお越しください。

バスで大沼を周遊できますか?

残念ながら大沼湖を一周するバスの運行はありません。

大沼湖畔一周道路は約14Km、車で約30分、自転車で約70分〜90分の道のりです。天気の良い日にはサイクリングがおすすめ。レンタサイクル店は、JR大沼公園駅前にいくつかあり、1時間もしくは1日単位で利用可能です。

ワンポイント

湖畔沿いにはビュースポットやミズバショウ群生地、パワースポットである駒ヶ岳神社など見どころがあります。

レンタカーは借りられますか?

大沼観光案内所では、大沼公園周辺のレンタカー店をご紹介することができます。

ただし、大沼公園周辺のレンタカー店は、保有台数に限りがございますので、観光案内所で空き状況をご確認ください。
※乗り捨ては出来ません。
※事前のご確認・ご予約を強くオススメします。

その他、JR新函館北斗駅、JR函館駅、函館空港には、レンタカー店がいくつかあります。
(大沼公園までの所要時間の目安:新函館北斗駅から車で約15分、函館駅から車で約50分、函館空港から車で約50分)

ワンポイント

・連休などはレンタカーが込み合う場合があります。事前のご予約を!
・大沼湖を一周ドライブしたり、近郊の町やレストラン・店を訪れてみたい、と計画されている方は、車・レンタカーでの移動が便利です。

駒ヶ岳はどこで見られますか?

公園広場、散策路、湖畔周遊道路などから望むことができます。

駒ケ岳がきれいに見えたらラッキーデー!! 秀峰駒ヶ岳を背景にした大沼湖の眺望は、大沼を訪れるだれもが憧れる景色。駒ヶ岳の姿を見れる日はとても幸運なことです。その日の大沼の美しさを楽しみましょう。

ワンポイント

曇っていても、雲と雲の切れ間から駒ヶ岳を望める日もあります。

駅弁はありますか?

大沼を代表する美味しいお弁当があります!

「大沼牛めし弁当」は、大沼を代表する駅弁。ご飯の上に甘辛く味付けされた特産大沼牛をのせた逸品です。お弁当を作っている「源五郎」は、JR大沼公園駅から徒歩3分ほどのところにあり、店舗でもお弁当の販売をしている他、大沼観光案内所でも販売・予約を承っています。その他、JR大沼公園駅前にある「ステーションホテル旭屋」でも「旭屋弁当(幕の内弁当)」を販売しています。ご希望の方はお電話でお問い合わせください。

ワンポイント

JR大沼公園駅構内には、キヨスク(売店)はありません。

大沼公園からJR以外に函館へ行く交通手段はありますか?

路線バス(函館行き、鹿部行き1日各3便のみ)があります。

計画的に効率的に観光するには、事前に帰りの交通機関の時刻を調べておくのがベストです。 JR大沼公園駅や大沼国際交流プラザ(大沼観光案内所)には、時刻表が設置されているので入手しましょう。

ワンポイント

JR、路線バス(函館駅行き、鹿部行き各1日3便のみ)の本数は思った以上に少ないので、帰りの交通機関の時刻を調べておくことが大切です。

室内で体験・見学出来る施設はありますか?

自然の中でのアクティビティが中心の大沼公園。室内での体験は限られています。

『手作り体験』
「沢出毛皮店」 :ミンクのブローチ作り(ふわふわでかわいいオリジナルのブローチが作れます。所要20分。) 見学施設(大沼公園から路線バス・車・タクシーでの移動)
「北海道昆布館」「はこだてわいん」で工場見学(はこだてわいんは事前の予約が必要) 遊覧船
遊覧船、モーターボートは、濃霧・強風・豪雨でない限り、4月初旬〜12月中旬の毎日運航しています。船には屋根・窓があるので、雨に濡れる心配はありません。 ドライブ:グルメ、お土産・特産品めぐり
七飯町内には、スイーツショップ、乳製品ショップ、野菜・果物の直売所など が数多くあります。近郊をドライブするのもおすすめです。

ワンポイント

豊かな自然が魅力である大沼。天候が悪いことが予め分かっている場合は、予定の変更や雨の日対策をしておくと安心です。また、雨の日でも暖かい日は散策を楽しめます。雨は生き物にとって自然の恵み。大沼ではガイドツアーを毎日催行しており(お一人様から可能)、ガイドさんの話を聞きながら一緒に散策してみるのもおすすめです。

【冬季】レンタサイクルは借りられますか?

【冬季】雪が降ると、自転車には乗れません。

雪が降る季節は、道路も凍り、歩くのも大変なくらいツルツルになる日があります。自転車は転倒の危険があるため、冬季間はお休みです。

ワンポイント

徒歩やタクシーでの移動を選択しましょう。

【冬季】凍った湖に上がっていいですか?

【冬季】絶対に上がらないでください。

冬になると結氷する大沼。一面雪原地帯のように見えますが、人が乗れる厚さに達していない場所もあります。氷上でのアクティビティ(スノーモービル、大型そり、バギー、釣り)は、氷の厚さを計り、安全を確認した上で営業しています。立入禁止の表示がある場所、係員のいない場所では、絶対に氷に乗らないでください。氷が割れて湖に落ちる危険性があります。

ワンポイント

雪が積もると地面と湖との境界が分かりづらくなっています。立入禁止の表示をしていますので、指示に従って頂きますようお願い致します。