Now Loading...

Now Loading...

春休み(3~4月)大沼公園観光のポイント!

まだまだ寒い日が続いていますが、少しずつ雪解けが進んできた道南。

北海道新幹線が開業から3月26日で1周年を迎えますが、

春休み時期に道南エリアへ旅行・観光のご計画をされている方もいらっしゃるかと思います。

早春(3〜4月頃)の大沼公園のようすをご紹介します〜!

 

●平均気温●

3月 1.4℃ 雪解けの季節。まだまだ気温は低いが、日差しの暖かさを感じる頃。

2012年3月4日撮影

2012年3月4日撮影

 

4月 7.2℃ 中旬からはミズバショウの咲く季節。

2015年4月9日撮影

2015年4月9日撮影

 

2012年4月12日撮影

2012年4月12日撮影

 

 

●おすすめ服装●

3月 ダウンジャンパー、セーター、手袋、帽子、ブーツ

4月 薄手のダウンジャンパー、セーター、手袋、ストール

 

 

●おすすめアクティビティ●

3月 ★氷上わかさぎ釣り ※2017年3月20日にて終了。

 

わかさぎ釣り

 

 

 

<各種お問合せ先>

【氷上スノーモービル、島巡りそりツアー】 ※2017年3月19日にて終了。

・アイスパークスノーマン 電話0138-67-2229

 

3月上旬で終了です。

3月上旬で終了です。

 

【氷上わかさぎ釣り】 ※2017年3月20日にて終了。

・アイスパークスノーマン 電話0138-67-2229   

・太公園 電話090-2810-7347

・じゅんさい沼わかさぎ釣り 電話080-4040-7575

 

わかさぎ釣り2

 

【スノーシューツアー】 ※3月27日にて終了。

・イクサンダー大沼カヌーハウス 電話0138-67-3419

・大沼国際交流プラザ 電話0138-67-2170

 

4月★散策ガイドツアー

 ★モーターボート ※運航開始日2017年4月7日

 ★遊覧船 ※運航開始予定日2017年4月12日

 ★乗馬 ※予約制

 ★下旬〜「城岱(しろたい)スカイライン」オープン(ドライブにおすすめ)
  ※開通予定日2017年4月25日9時00分〜

 ★下旬〜 東大沼キャンプ場オープン 
  ※オープン予定日2017年4月25日〜

 

 

Q. 遊覧船の運航開始はいつごろ?

結氷していた大沼湖の氷が完全に溶けてから遊覧船の運航が始まります。

まずはモーターボートの運航がスタートし、続いて遊覧船が船下ろしされます。

 

運航開始日:モーターボート2017年4月7日

     遊覧船2017年4月12日

 

2014.4.29

 

モーターボート、遊覧船のお問合せはこちら↓

大沼合同遊船 電話0138-67-2229

 

 

Q. 自転車には乗れるの?

道路の雪が溶け、路面が出てくるとレンタサイクルの営業が始まります。

ただし、まだ気温が低いので、防寒対策必須です!!

路面凍結日はレンタル中止になることも。

 

2017年、レンタル開始いたしました!!

 

レンタサイクルのお問合せはこちら↓

フレンドリーベア 電話0138-67-2194

ポロト館 電話0138-67-2536

 

 

●春の花々の開花時期(例年の目安)●

・ミズバショウ 4月12日(東大沼キャンプ場付近にて見頃)〜GW前まで

水芭蕉2

4月中旬頃撮影

 

・こぶし 4月下旬見頃

 

2015年4月26日撮影

2015年4月26日撮影

 

・桜開花予想日4月25日頃、満開予想日5月1日頃(函館)

 ※大沼公園では“エゾヤマザクラ”が見られます。

 

2015年5月2日撮影

2015年5月2日撮影

 

 

大沼公園桜(キャンプ場付近)

5月中旬頃撮影(東大沼キャンプ場付近)

 

●観光に関するお問合せ先●

大沼観光案内所(大沼国際交流プラザ)

電話 0138-67-2170 (8:30〜17:30・土日祝日可)

お気軽にどうぞ!!

 

 

『ききりんご紀行』好評発売中!

小説家 谷村志穂さんの最新エッセイ『ききりんご紀行』が
集英社より発売されました!

 

身近な果物 “ りんご ” がテーマのエッセイです!

 

ききりんご

 

りんご暦、
りんごの誕生秘話、
約30種類食べ比べた“ききりんご”など・・・

 

「紅の夢」「スイートメロディ」「恋空」という名前の
カワイイりんごも出てきます。




読むと、りんごの季節が待ち遠しくなる♪♪ そんな内容です^^


 

 

谷村志穂さんは、北海道大学農学部出身で、
北海道を舞台に描いた小説『海猫』で
第10回島清恋愛文学賞受賞、映画化もされ、
50万部のベストセラーとなりました。
2015年からは七飯町の観光大使にも就任されています。

 


『ききりんご紀行』は全国の書店にてお求めいただけます!
大沼国際交流プラザでは、谷村さんの直筆サイン入りで限定販売しています。
是非お手にとってご覧下さい。

 

『ききりんご紀行』
著:谷村 志穂
定価:本体1,500円+税

 

※こちらのエッセイは、
青森県の地方新聞「東奥日報」に2015年10月〜2016年4月まで
連載された「りんごをかじれば」を加筆・改題したものです。

 

 

 

 

少しずつ氷が溶けてくる季節です。

2月下旬にさしかかり、だいぶ気温が上がる日も多くなってきました。

冬になると結氷する大沼湖。

一面雪原地帯のように見えますが、

そろそろ結氷していた氷が、少しずつ溶けてくる季節です。

冬景 (2)

主な散策路内には、危険な場所にロープを張り、立入禁止の表示をしておりますので、

指示に従っていただきますよう、お願いいたします。

一歩入ると、氷が割れて湖に落ちる危険性がありますので、

係員のいない場所では、絶対に氷の上に上がらないでください。

立ち入り禁止3

DSC02944

立ち入り禁止1

なお、大沼湖 氷上でのアクティビティ(スノーモービル、大型そり、バギー、釣りなど)は、

氷の厚さを計り、安全を確認した上で営業しています。

こちらは安心してお楽しみください。

みなさまのご理解・ご協力をお願いいたします。

★ひとくちメモ★

雪が積もると地面と湖との境界が分かりづらくなっています

主な散策路内にある、立入禁止の表示やロープが目印です。

くれぐれもご注意を。

ポロト雪だるま

氷のジャンボすべり台で遊ぼう!!

大沼湖の氷を切り出して作った

全長約20メートルの氷のジャンボすべり台は、

現在、大沼公園広場で無料開放しています。

 

こどもも大人もすべることが出来ますよ!!

 

開放期間 : 2017年2月4日(土)〜28日(火)

開放時間 : 毎日9:00〜16:00まで

料金 : 無料

 

ジャンボすべり台

 

そりなどを用意する必要はありません。みなさんお尻ですべっています。

※お子様はスキーウェア等の防寒&防水加工されたウェア着用がおすすめです。

※濡れるのがイヤだなという方は、お尻にビニールを敷いています。すべりが良くなるので、ご注意を。

係員の注意・指示に従ってください。ルールを守り安全に楽しく滑りましょう。

※天候、氷の状態によっては、お休みになる場合があります。何卒ご了承のほどお願い申し上げます。

 

 

お問合せ

七飯大沼国際観光コンベンション協会

電話 0138-67-3020

 

 

大沼函館雪と氷の祭典 Q&A

『大沼函館雪と氷の祭典』 

よくあるご質問にお答えします!!

 

Q1.ジャンボすべり台はいつからいつまで滑れますか?

 

A.ジャンボすべり台の開放日時は下記のとおりです。

2017年2月4日(土)〜2月28日(火)

毎日9:00〜16:00まで  

※天候により変更される場合があります。

 

 

 

Q2. ジャンボすべり台をすべる時に用意するものは?

 

A.そりなどを用意する必要はありません。

みなさまスキーウェアなど防寒&防水対策されたウェアを着用し、

おしりで滑っています。

濡れるのが嫌という方は、おしりにビニールなどを敷いています。

 

ジャンボ滑り台

 

 

 

Q. 氷像・雪像はいつまで見られるの?

 

A.祭典終了後、作品の状態や天候・気温状況から

危険と判断される場合には、すぐに取り壊されます。

特に氷像は繊細で壊れやすいため、祭典翌日には取り壊されることが多いです。

 

函館アイスカービングクラブ制作

 

 

Q3.会場(大沼公園広場)では何で遊べますか?

 

A.冬ならではのアクティビティがありますよ!!

 

<無料のもの>

氷のジャンボすべり台、小さな氷のすべり台、氷像・雪像鑑賞

 

<有料のもの>

氷上わかさぎ釣り氷上スノーモービル、氷上島巡りそりツアー

※文字をクリックすると、各施設のウェブページに飛びます。

 

わかさぎつり

 

★大沼公園広場から歩いて10分ほど★

雪上スノーモービル、バナナボートスノーシューツアー 

 

 

 

Q4.温かいグルメはありますか?

 

A.祭典期間中は、大沼公園広場近くに露店が並び、

おでん、やきとりなどお楽しみ頂けます。

また、大沼近郊にあるレストランなどの飲食店も営業しておりますので、

どうぞご利用ください。

 

 

 

Q5.そりを持ってきて遊ぶことはできますか?

 

A.大沼公園広場内は、雪像、氷像が並んでおりますので、

そりすべりで遊べる十分なスペースがありません

ただ、ジャンボすべり台をはじめ、ミニ滑り台がいくつも作られますので、

そちらで遊んで頂けます。

 

★大沼周辺の持参のそりで遊べる施設
函館七飯スノーパーク(JR大沼公園駅から車で約20分)

グリーンピア大沼(JR大沼公園駅から車で約20分)

※各施設のルールに従って遊んでください。

 

 

 

Q6.駐車場はありますか?

 

A.大沼公園広場付近には、

700台ほどの駐車場をご用意しております。(臨時駐車場あり)

・会場までは徒歩3分ほど

・誘導員がおりますので、案内指示に従って頂きますようお願い致します。

駐車場はすべて有料です。(普通自動車400円均一)

・無断駐車、路上駐車はご遠慮ください。

 

 

 

手荷物預かりサービス

大沼国際交流プラザ(大沼観光案内所・JR大沼公園駅となり)では、

お手荷物をお預かりしています。大きいスーツケースもお一つ300円です。

どうぞご利用下さい。

 

【料金】1個300円
 ※2017年4月3日より、料金改定となりました。

【開館時間】8:30〜17:30

【休館日】12月31日、1月1日

 

 その他観光案内所のサービスについては

こちらをご覧下さい。↓

大沼観光案内所(大沼国際交流プラザ)

 

ƒ|ƒƒgƒ|ƒ“ƒgŠeŽí [XVÏ‚Ý]

 

お問合せ:大沼国際交流プラザ 電話 0138-67-2170