Now Loading...

Now Loading...

登山を楽しもう!『北海道駒ヶ岳』

大沼国定公園のシンボルである秀峰「北海道駒ヶ岳」

今年も6月1日から、馬の背(標高900m付近)まで登山を楽しむことができます。

 

P1000678

 

登山可能期間 : 2017年6月1日~10月31日まで
※降雪状況により期間が変更となる場合があります。

 

登山可能時間 : 9:00~15:00まで6合目駐車場に下山

 

 

北海道駒ヶ岳は現在も活動している活火山です。

火山災害の危険性をご理解頂いた上で、登山(入山)するか否かはご自身で判断してください。

登山(入山)前には注意事項を確認し、ルールとマナーを守ってお楽しみください。

 

詳しい登山情報は、森町ホームページに掲載されています。
必ずご確認ください。

森町公式ホームページはこちらをクリック!

 

 

 

**~**「駒ヶ岳登山ってどんな感じ?」**~** 

 

駒ヶ岳登山のようすをご紹介します!

 

赤井川登山道ゲート

↑赤井川登山道ゲート

 

6合目(第1駐車場)まで車で行くことができます。

※ゲート2.2Km以降は、道路幅が狭く車両交差不可です。

 

↑ゲート2.2Km以降は舗装されていません。

↑ゲート2.2Km以降は舗装されていません。

 

*****【登山道 最新情報】*****

◎現在、6合目までの登山道は荒れている箇所があります。

◎車高の低い車での入山はあまりおすすめしません。
6合目(第1駐車場)まで行かずに、登山道入口ゲート手前の第2駐車場をご利用ください。

◎途中、木の枝が道路側へ出ている箇所があります。
大型バスでの通行はくれぐれもお気を付けください。

*****************

 

6合目第1駐車場
車が約40台ほど駐車できるスペースがあります。↓

6合目駐車場

 

6合目登山口に設置されている
「登山(入山)届け」を必ず記入しましょう。↓

 

IMG_5543

噴火等が発生した場合に救助・救出活動を行う際の
非常に重要な手がかりとなります。

 

 

 

6合目駐車場から馬の背まで約2.0Km。

上り約1時間~1時間半下り約45分の道のりです。
天気が良い日が続くと地面は乾燥し、砂埃が舞うことがあります。↓

 

IMG_1659

 

登山道は砂れきの道で、小さい岩がゴロゴロしています。
可能であればトレッキングシューズをおすすめしています。
特に下りが滑りやすいので気を付けて下山してください。
登山ストックがあると、なお良いです。

 

登山道は乾燥しており、大変滑りやすい状況となっています。↓

 

DSC08210

 

 

 

登山標識は標高900メートルの馬の背を頂上として
「頂上まで○○メートル」と表示しています。↓

 

IMG_1710

 

 

 

ひたすら上る一本道です。
途中で一呼吸しながら、景色を楽しむのも良し。↓

IMG_5670

 

 

 

高山植物に出会うことも。↓

↑イワギキョウ

↑イワギキョウ

 

↑タニウツギ

↑タニウツギ

 

約1時間ほどで頂上(馬の背)に着きました!!

 

P1050196

 

大沼・小沼が眼下に広がります。↓

IMG_1745

 

【ご注意!】
「馬ノ背」には規制ロープを設置しています。
規制ロープの先は火口原となっており、小規模な噴火でも噴石等が飛散します。
非常に危険ですので立ち入ることのないよう、お願い致します。
火口周辺に影響を及ぼす程度の火山灰噴出の可能性は常にあります。

 

 

 

下山は、6合目駐車場に15時までにお願い致します。

 

**~**~**~**~**~**

 

【駒ヶ岳登山道(6合目第1駐車場)へのアクセス】

<自家用車をご利用>

函館から:
国道5号線を長万部・札幌方面へ北上し、
道央自動車道大沼公園IC交差点右折
交差点から6合目第1駐車場まで、約6.5Kmほど。
赤井川登山ゲートから2.2Kmは簡易舗装道路。
その後1.1Kmは未舗装道路。道路幅が狭く車両の交差不可です。

 

<タクシーをご利用>

JR大沼公園駅より片道約14.0Km、3,500円ほど。

※JR赤井川駅周辺にタクシーの待機はありません。

 

<JRをご利用>

JR赤井川駅下車。JR赤井川駅から約7Km(徒歩約2時間半)。

※普通列車をご利用下さい。特急は停まりません。

 

 <その他>

【トイレ】
6合目駐車場のみ

 

【水飲み場】
設置なし

 

【携帯電話】
登山道の全域、馬ノ背地点はdocomo、au、softbankの
携帯電話が利用できます。

 

 

【お問合せ先】

・森町役場防災交通課(北海道駒ヶ岳火山防災協議会事務局)
 電話 01374-7-1282(直通)

 

・森町役場農林課(自然休養林・登山関連)
 電話 01374-2-2181(代表)

 

・函館地方気象台 
 電話 0138-46-2212

※「異常な臭い・地震・黒い噴煙等」の現象がありましたら
直ちに下山して情報提供をお願いします。

 

 

「大人の遠足」参加者募集中です!

大沼観光案内所出発の散策ガイドツアーが、

今回は特別企画として、「函館七飯ゴンドラ」の山頂散策路をご案内します!!

 

お天気次第では、駒ヶ岳だけでなく噴火湾の向こう、ニセコ連峰まで望める絶景スポットです!

標高が高いので、植物も湖畔より少し遅れて開花します。

今回はどんな植物や野鳥たちに出会えるかお楽しみに!

 

 

大人の遠足チラシ

 

 

【開催日時】

6月24日(土)10:30集合

 

【出発場所】

大沼国際交流プラザ(JR大沼公園駅横)駐車場有り。

 

【当日のスケジュール】

11:00発のシャトルバスで函館七飯ゴンドラさんへ。

全長3,319mのゴンドラで山頂へ移動(所要約15分)。

約1時間ほど、ガイドさんと一緒に山頂を散策。

13:00頃レストラン「PEAK CAFÉ」で絶景を楽しみながらランチ。

ランチ後は自由解散となります。ゴンドラで下山して

14:30発のシャトルバスに乗車すれば、

14:50大沼公園駅着予定です。

 

【参加料】

お一人 5,000円(ゴンドラ料金、ランチ、ガイド代、保険料込み)

 

*「大人の遠足」なので、おやつの制限等はありません!  

*動き易い服装と靴でご参加下さい。虫除けや日焼け止め等を用意されると良いですね。

 

【お問合せ・ご予約】

前日(6月23日正午までにご予約ください)

大沼国際交流プラザ(0138-67-2170)

「大沼ゆっくり遊歩」参加者募集中!

初夏のさわやかウォーキングのご案内です。

 

大沼公園エリアの里山を初夏の風景草花を楽しみながら
ガイドと一緒に歩いてみませんか?

 

約7Kmの道のり、

大沼の歴史を紐解いたり

田園からの駒ヶ岳のビュースポットにもお連れいたします。

牛乳・ソフトクリーム販売所にも立ち寄りますよ!

 

お子様から大人までどなたでもご参加いただけます!

 

新しい大沼の魅力を探しに行きましょう!

大沼で人気の散策ガイドが同行いたします。

みなさまのご参加お待ちしております。

 

大沼ゆっくり遊歩170527

 

【開催日】

2017年5月27日(土)

 

【集合時間】
9時30分(12時終了予定)

 

【集合場所】

大沼国際交流プラザ(JR大沼公園駅となり)

 

【募集人員】

20人※先着順
(お子様から大人までだれでも参加できます)

 

【参 加 料】 

1人 500円(地図、傷害保険料込)

 

◎ 持参するもの: 飲み物、おやつ、帽子、雨具、各自で必要なもの

◎ 約7キロの距離を歩きます。履きなれた運動靴でご参加ください。

◎ 雨天は中止になります。

◎ 無料の専用駐車場をご用意しております。

 

【お申込み・お問合せ】 大沼国際交流プラザ (土・日・祝可)

9時~17時 電話(0138)67-2170

「七飯・大沼の四季」2018カレンダーの写真募集中!

今年で第4回目となる
「七飯・大沼の四季」カレンダーの写真募集が始まりました!!

 

選ばれた12作品は、2018年の七飯大沼国際観光コンベンション協会
公式カレンダーに掲載され、一般発売されます。

 

テーマは『七飯・大沼の四季(自然風景)』です。
七飯町内で2010年以降に撮影された自然風景(横位置)に限ります。
※その他詳細は、下記募集要項をご確認ください。

 

大沼公園の湖の写真や、
ご自宅周辺の七飯町の景色でも構いません。

「キレイ!」「ぜひ紹介したい風景だな~!」など
みなさまのお気に入りのお写真をどうぞお送り下さい。

 

募集締め切り:2017年7月31日(月)※当日消印有効 

 

みなさまのたくさんのご応募、心よりお待ちしております。

 

2018年カレンダー募集チラシ

 

2018カレンダー写真募集チラシ裏

 

 

応募要項はこちら↓

2018年カレンダー写真募集チラシ(PDF約870KB)

 

2018カレンダー写真募集(応募票・応募要項)(PDF約280KB)

 

応募票のみのダウンロードは下記へ↓

<Excel>
応募票Excel(2018年) ←こちらをクリック 

 

<PDF>
応募票(2018年)(PDF約82KB)←こちらをクリック

 

お問い合わせ:七飯大沼国際観光コンベンション協会
電話:0138-67-3020(8:30〜17:30、土日祝も可)

 

ドライブにおすすめ!城岱スカイラインへ行こう!

七飯町市街地から大沼方面へと繋がる「城岱(しろたい)スカイライン」。

 

IMG_0168

↑4月下旬の城岱スカイラインから

 

毎年、夏季期間の4月25日9時~11月18日9時まで通行できる

“おすすめドライブコース”です。

 

 

標高550mの場所には室内の展望台があり、

そこが地元っ子にも人気の展望スポット!!

 

IMG_5484

 

展望台内にはゆるやかなカーブを描いた大きな窓があり、

南に標高334mの函館山

南西には函館郊外に広がる大野平野を一望できます。

 

 

夏には放牧されている牛も見ることができ、

可愛らしい姿を眺めたり、写真を撮ったり。

 

見ているだけで癒されます♪

 

IMG_0697

 

大沼公園周辺で景色の良いところに行ってみたい!という方に
ぜひぜひおすすめしたい場所。

 

ゆったりと広がる風景をお楽しみください。

 

条件が合えば、
雲海を見られることもあるんですよ!幻想的!!

 

IMG_9623

 

IMG_7178

 

室内展望台は16:00で閉館となりますが、

城岱スカイラインは夜間の通行も可能です。

ここは、函館の夜景を望むことができる通称『裏夜景』の人気スポット。

駐車場もありますので、ゆっくり夜景をお楽しみください。

 

道路はワインディングロードが続きますので
運転にはくれぐれもお気をつけ下さい。

 

<城岱牧場展望台 開館期間>
2017年4月29日(土・祝)~11月5日(日)
※期間中無休。(悪天候の場合は、臨時休館になる場合があります)
※路面状況などにより、変更される場合もあります。

 

<開館時間>
10:00~16:00
※城岱スカイラインは24時間通行可能です。

 

<住所>
北海道亀田郡七飯町上藤城564
(固定電話はございません)

 

<アクセス>

(函館方面から)函館新道・七飯本町ICを下り、信号を右折(山側へ)。

城岱スカイラインに入り、ワインディングロードを約8Kmほど進むと

城岱牧場展望台が右側に見えます。

※路線バスはありません。

 

 

【お問い合わせ】
一般社団法人七飯大沼国際観光コンベンション協会

電話:0138-67-3020(8:30〜17:30、土日祝も可)

 

ミズバショウ開花状況

大沼に春の訪れを告げるミズバショウ

例年、大沼公園では、4月中旬頃~下旬が見頃となります。

こちらのページでは、現在の開花状況をレポートします!!

 

ミズバショウ群生地マップ↓

ミズバショウ群生地マップ(私有地含む)

 

※東大沼トルナーレ付近の群生地の鑑賞ついて。
私有地のため、敷地への立入りはご遠慮ください。
道路(町道)からご覧頂きますよう、お願い致します。

 

 

ミズバショウとカモ

 

 

 

 

 

<2017年4月30日>葉が大きくなってきました。

 

↑2017年4月30日1

2017年4月30日大沼湖畔沿い①(ランバーハウスとレストランきゃびんの間)

 

↑2017年4月30日

↑2017年4月30日大沼湖畔沿い②(ランバーハウスとレストランきゃびんの間)

 

↑2017年4月30日レストランきゃびん前木道

↑2017年4月30日大沼湖畔木道(レストランきゃびん向かい)

 

<2017年4月24日>早咲きの場所は、葉が大きくなってきました。
満開です。

 

↑2017年4月24日

↑2017年4月24日(東大沼トルナーレ付近①)

 

 

↑2017年

↑2017年4月24日(東大沼トルナーレ付近②)

 

↑2017年4月24日木道

↑2017年4月24日大沼湖畔木道(レストランきゃびん向かい)

 

 

↑2017年

↑2017年4月24日大沼湖畔沿い①(ランバーハウスとレストランきゃびんの間)

 

 

↑2017年4月24日大沼湖畔周遊道路(ランバーハウスとレストランきゃびんの間)

↑2017年4月24日大沼湖畔沿い②(ランバーハウスとレストランきゃびんの間)

 

<2017年4月23日>見頃!早咲きの場所は、葉が大きくなってきました。
満開です。

 

↑大沼湖畔木道(レストランキャビン向かい)

↑2017年4月23日 大沼湖畔木道(レストランきゃびん向かい)

 

 

<2017年4月16日>見頃!7~8割程度の開花

 

↑トルナーレ1

↑2017年4月16日 ①(東大沼トルナーレ付近)

 

↑トルナーレ2

↑2017年4月16日 ②(東大沼トルナーレ付近)

 

↑トルナーレ3

↑2017年4月16日 ③(東大沼トルナーレ付近)

 

<2017年4月14日>見頃!7割程度の開花

 

池田園2017.4.141-1

↑2017年4月14日大沼湖畔沿い①(ランバーハウスとレストランきゃびんの間)

 

池田園2017.4.14①

↑2017年4月14日大沼湖畔沿い②(ランバーハウスとレストランきゃびんの間)

 

トルナーレ2014.4.14①

↑2017年4月14日 ①(東大沼トルナーレ付近)

 

トルナーレ2017.4.14②

↑2017年4月14日② (東大沼トルナーレ付近)

 

<2017年4月9日>見頃!4~5割程度の開花

 

ランバー先2017.4.10

↑2017年4月9日(ランバーハウスとレストランきゃびんの間)

 

↑東大沼トルナーレ付近2017年4月9日

↑2017年4月9日 (東大沼トルナーレ付近)

 

<2017年4月8日現在 >見頃!4割程度の開花

 

↑ランバーハウスときゃびんの間①

↑2017年4月8日大沼湖畔沿い①(ランバーハウスとレストランきゃびんの間)

 

↑ランバーハウスときゃびんの間③

↑2017年4月8日大沼湖畔沿い②(ランバーハウスとレストランきゃびんの間)

 

↑トルナーレ付近②

↑2017年4月8日東大沼トルナーレ付近①

 

↑トルナーレ付近②

↑2017年4月8日東大沼トルナーレ付近②

 

<2017年4月6日現在 >2割程度の開花

 

↑2017年4月6日大沼湖畔沿い①(ランバーハウスとレストランきゃびんの間)

↑2017年4月6日大沼湖畔沿い①(ランバーハウスとレストランきゃびんの間)

 

↑2017年4月6日大沼湖畔沿い②(ランバーハウスとレストランきゃびんの間)

↑2017年4月6日大沼湖畔沿い②(ランバーハウスとレストランきゃびんの間)

 

<2017年4月3日現在 >1割程度の開花

 

2017.4.3トルナーレ①

↑2017年4月3日東大沼トルナーレ付近①

 

 

トルナーレ2017.4.3②

↑2017年4月3日東大沼トルナーレ付近②

 

2017.4.3ランバー先①

↑2017年4月3日大沼湖畔沿い(ランバーハウスとレストランきゃびんの間)

 

~~~ミズバショウ豆知識~~~

◎サトイモ科ミズバショウ属の多年草。
◎大きくなる葉がバショウの葉に似ていることから名が付いた。
◎白くみえる部分は、花ではなく、「仏炎苞(ぶつえんほう)」と呼ばれる
 ガクで、葉の変形したもの。
◎仏炎苞の中央にある円柱状の部分が花(花序(かじょ))。
◎牛の舌に似ているので「べこのした」なんて呼ばれることも。

水芭蕉1

↑可憐なミズバショウ

~~~~~~~~~~~~~~~~